2017年3月に朝鮮半島東岸沖で演習中の米原子力空母カール・ビンソン(左)とミサイル駆逐艦ウェイン・E・マイヤー(右、2017年3月22日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】北朝鮮情勢が緊迫化する中、マイク・ペンス(Mike Pence)米副大統領は訪問先のオーストラリアで22日、原子力空母カール・ビンソン(USS Carl Vinson)が数日中にも日本海(Sea of Japan)に到着すると述べた。

 ペンス副大統領はシドニー(Sydney)で報道陣に対し、「われわれの考えでは、カール・ビンソン(を中心とする空母打撃群)は数日中、今月末までには日本海に配備される」と述べた。

 米軍は先週、カール・ビンソンは朝鮮半島(Korean Peninsula)に向かって北上していると発表したが実際には一時南下していたことが明らかになり、同空母の所在に関するドナルド・トランプ(Donald Trump)政権の情報は錯綜(さくそう)していた。
【翻訳編集】AFPBB News