注:コンセプト画像です。


くるか、新デザイン。

最近やたら騒がしくなってきた、次期iPhone(通称:iPhone 8)の噂。先日、指紋認証の「Touch ID」センサーが本体裏に移動した図面らしき画像が登場しました。そんな中、国内サイトのMacお宝鑑定団 blog(羅針盤)はiPhone 8の新デザインに関する新情報を伝えています。

同サイトによれば、iPhone 8はエンジニアによる検証テストを終え、デザインの検証テストに移行。現段階ではステンレスのフレームをガラスで挟んだデザインを採用しています。また、ステンレスはApple Watchのステンレスモデルのように磨かれた、つややかな質感になるとのこと。このデザインは昨年にも噂されていましたが、あの輝きが本当にやってくると思うと、なんとも楽しみですね〜。

一方気になるホームボタンの行方ですが、やはり本体前面からは消えるそうです。そこで気になるのが、Touch IDの搭載場所。以前はフロントガラスの下部に統合されるなんて情報もありましたが、Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)によればその場所は決まっていないそうです。

一方、海外サイトのMac Rumorsは、そのTouch IDの搭載場所によってはiPhone 8の発売が延期される可能性があると、アナリストの報告を引用しています。なんでもTouch IDのディスプレイへの統合に手間取る場合には発売を延期、あるいはTouch IDの廃止の可能性もゼロではないんだとか…。でもTouch IDは、モバイル支払いの「Apple Pay」の本人認証という重要な役割を果たしていますし、それはないと思いますけどねぇ。また、「3Dセンシング技術」による生体認証のオプションもありえるそうです。

ディスプレイ下に埋め込まれるか、本体裏に回るか、それともなくなってしまうかもしれないTouch ID。個人的には、 「Galaxy S8/S8 Plus」と同じく本体背面に搭載されるんじゃないかな〜と予測しております。

・「iPhone 8」は9月に予約スタートも、出荷は数週間後に?
・これが「iPhone 8」の図面? Touch IDが背面に…

image: Imran Taylor - Behance
source: Macお宝鑑定団 blog(羅針盤), Mac Rumors

(塚本直樹)