片思いの男性に、印象的な方法で告白し、Twitter上で報告をした女性がいる。

それが彼女、米ミネソタ大学に通うリジー・フェントンさんだ。

パワポを駆使して告白

彼女は片思いの男性に、メールにある資料を添付して告白したのだという。その資料とは「なぜあなたは私とデートするべきか」というもの。

LizzyFenton/Twitter

詳しく内容を見てみよう。

▼「親から真剣に付き合う相手をせかされていない?」

LizzyFenton/Twitter

「私はあなたの両親に会話を合わせられます」「家族との食事会では、上品な装いをします」「私のユーモアは、あなたのお母さんを納得させるでしょう」など、自分がいかに両親を安心させるガールフレンドになれるかをアピール。

▼「まだ一人に絞るつもりになれない? 問題ありません」

LizzyFenton/Twitter

「私とデートすれば、3人の彼女がいるようなもの」と、髪形によって変幻自在なことをプレゼンした。

▼「まだバストは成長過程です」

LizzyFenton/Twitter

自分のバストの成長記録を公開。2013年にAカップだったバストは、2016年にはDカップに。この調子で成長を続ければ、2025年には人の頭ほどの大きさになると計算している。

大学で遺伝学や細胞生物学を学ぶ、理系女子らしいプレゼンだ。

▼「金銭的に安定しています」

LizzyFenton/Twitter

常にバイトをしていることや、両親が裕福であることをアピール。さらに、「デートのときに支払いを心配しなくていい」と付け加えている。

▼「まだ迷ってる? 口コミを聞いてみてよ」

LizzyFenton/Twitter

こちらでは、チャニング・テイタムやニューヨークタイムズ紙、さらには男性の元カノによる彼女の批評を掲載。もちろんすべてジョークだ。

リジーさんはこのツイートを3月28日に投稿すると、現在までに1万7,000回近いリツイートと、2万3,000件を超えるいいねを受けている。

そして結果は?

捨て身とも言える作戦だが、結果はどうだったのだろうか。リジーさんは上記ツイートから2日後、相手から来た回答をシェアしてくれている。

▼「これはすごいね。もう連絡してこないでください」

とっても残念な結果だが、この投稿には400件を超えるコメントがついており、ほとんどが「なんて馬鹿な男なんだ」「彼は一生後悔するだろうね」「君の良さを分かってくれる人がきっと現れるよ」など、温かい励ましの声だ。

中には「君に興味を持っているフランス人男性がいるよ」「君を親友に紹介したいんだけど」「僕になら100%効果があるよ」など、このプレゼンを見てリジーさんの魅力に気づいた男性からのコメントも投稿されている。

就職にも有利かも?

この見事なプレゼンに、Microsoft Officeの公式アカウントから、こんな反応が返ってきている。

▼「大事なスライドをひとつ忘れているよ。“パワーポイントを使いこなします”ってね」

恋を実らせることはなかったプレゼンだったが、そのプレゼン能力とユーモアのアピールには成功したようだ。きっといい出会いや就職先につながるに違いない。