スタイリッシュに、そしてスマートに使えるタブレットPC

写真拡大

パソコンパーツおよびスマートフォンアクセサリーなどを扱うリンクスインターナショナル(東京都千代田区)は、台湾のECS製タブレットPC「LIVA TE10EA3」を、2017年4月22日に全国の家電量販店および専門店などで発売する。

eMMCストレージ容量に応じて2モデルを用意

耐指紋コーティングを施した「ゴリラガラス3」採用の、10.1型WUXGA(1920×1200ドット)10点マルチタッチ対応IPS液晶ディスプレイを搭載。スタンドにもなるタブレットカバー一体型、トラックパッド搭載Bluetoothキーボードを取り外せばタブレットとしても使える「2 in 1」モデル。

給電用ケーブルやバッテリー不要のワイヤレスで使用でき、ディスプレイ部に収納可能なWacom製スタイラスペンが付属する。

OSは「Windows 10 Home」(64bit)をプレインストール。インテル「Atom x5-Z8350」プロセッサー、メモリーは4GB。microSDメモリーカードスロット(最大32GB)、500万画素メイン、200万画素サブカメラを装備。防塵防沫JIS保護等級IP54対応。バッテリー容量は7500mAhで、最大6時間駆動が可能。802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 4.0をサポートする。

価格は、eMMCストレージ容量32GBモデルが4万4800円(税込)、同128GBモデルが5万9800円(同)。