資料作りはポイント勝負

写真拡大

新入社員が任される仕事のひとつとして、会議における資料作りがあるでしょう。資料作りで、その人のセンスが問われるといっても過言ではありません。

なにがポイントなのか?

そんな資料作りのノウハウを記した本が、下地寛也による「一発OKが出る資料 簡単につくるコツ:『説得』『アピール』『プレゼン』『決裁』最強の方法」(三笠書房)です。タイトルでもわかる通り、資料作りに求められるポイントにしぼって解説がなされていますので、本書に書かれた内容をそのまま実践に移せる点がポイントです。

データの羅列では意味がない

資料作りの勘違いとして、あらゆるデータを詰め込むものがあります。それだとポイントがぶれてしまいますし、何を伝えたいかがわかりません。例えば同じデータを使うにしても「定量データ」「定性データ」が有効だと著者は説きます。これは数値によって計測、分析、集計が可能なデータを指します。こうしたデータを積み上げることによって、なんとなくうまくいきそう、といった感覚的な話をこえて、具体的に動けるようになるわけです。

何が必要か?

本書には資料において何が必要であるかが記されていますので、資料作りにおけるムダな時間をなくすことも可能でしょう。