『ビッグ・リトル・ライズ』 

写真拡大

米TNTが、『ビッグ・リトル・ライズ 〜セレブママたちの憂うつ〜』の製作総指揮者によるスリラーのパイロットを発注したことが明らかとなった。米Varietyが報じている。

TNTが発注したのは、『ビッグ・リトル・ライズ』で製作総指揮を務めたブルーナ・パパンドレアによるスリラー『Deadlier Than the Male(原題)』。本作の主人公は、贖罪を求める連続性犯罪者、危険な殺し屋と対峙することとなる若い女性、行方不明になった娘の捜索に取りつかれた母親の3人。ストーリーが進むにつれ、3人の動機と過去に関する真実が不透明なものになり、犠牲者なのか犯罪者なのか分からなくなってしまう...というストーリーだ。

本作で、パパンドレアとともにハリエット・ワーナー(『MISTRESS<ミストレス>』)とケイシー・ヘイヴァー(『Housesitters(原題)』)が製作総指揮を務め、ワーナーは脚本も担当する。

パパンドレアが手掛けた『ビッグ・リトル・ライズ』は、高い視聴率と評価を得て、続編製作の話も持ち上がっている。彼女は、映画『ゴーン・ガール』『ウォーム・ボディーズ』『ミルク』のように、ミステリーからホラーコメディ、伝記ドラマまで様々なジャンルの作品を手掛けている。

『ビッグ・リトル・ライズ 〜セレブママたちの憂うつ〜』は、スターチャンネルにて第1話が5月28日(日)23:00より先行無料放送。レギュラー放送は、字幕版が【STAR 1】にて6月2日(金)23:00、二ヵ国語版が【STAR 3】にて6月6日(火)23:30よりスタート。(海外ドラマNAVI)