子供も喜ぶ、ぽん菓子スナック

お米のぽん菓子とカラフルなスプリンクルを使って、かわいいデザートを作ろう! 用意するのはポン菓子(6カップ)、マシュマロ(1袋)、バター(大さじ1)、お好みのカラースプリンクルとチョコレート。まずは、溶かしたバターの中にマシュマロをいれて一緒に溶かし混ぜる。そこにぽん菓子を入れてよく混ぜる。製氷皿のキューブにオイルスプレーなどで油を引き、ぽん菓子ミックスを入れ、冷蔵庫で冷やし固める。固まったら製氷皿から外し、底面に溶かしたチョコレートをつけ、カラースプリンクルをくっつける。子どもと一緒に作るのも楽しいし、毎日のおやつにもおすすめだ。

ナッツの風味たっぷり! ひとくちチョコおやつ

チョコレートを湯煎して溶かしたら、製氷皿の底に少し流し入れる。その上にピーナッツバターを乗せ、さらに溶かしたチョコレートを流し入れる。冷蔵庫か冷凍庫で冷やし固め、製氷皿から外せば出来上がり!

ボンボン感覚で楽しめる、生いちごチョコレート

製氷皿で作ると、チョコレートをよりたっぷり楽しめる仕上がりに♡ 用意するのは、製氷皿分のいちごとチョコレート340g。いちごは洗って水気を拭き取っておく。チョコレートを湯煎で溶かしたら、なめらかになるまでよく混ぜる。製氷皿の2/3の高さまでチョコレートを流し入れ、いちごを入れる。冷蔵庫で1時間冷やし、チョコレートが固まったら完成。

ミニサイズのアイスキャンディー

ひと口サイズのアイスクリームなら食べても後ろめたさなし!? たとえば30個分の材料は、生クリーム(150ml)にコンデンスミルク(83g)、バニラエクストラクト(小さじ1/2)。材料をすべて合わせてよく混ぜ、製氷皿に入れ、凍らせる。凍ったら製氷皿から外し、カクテルスティックを指す。お好みでチョコレートソースなどでコーティングしても◎。

料理のトッピングに使いやすい、自家製ハーブバター

室温に戻したバターとパセリ(ほかのハーブでもOK)を混ぜ合わせ、製氷皿に入れて冷凍庫で冷やせば、ハーブバターの出来上がり。焼きあがったステーキの上に、ポンとトッピングするだけで最高の味に!

安心安全! 手作りのシュガースクラブ

高価なボディケアアイテムを買わなくても、製氷皿を使えば簡単にボディスクラブが作れちゃう! ココナッツオイル(1/4カップ、好みのオイルでもよし)とすりおろした無香料タイプの石鹸(1/2カップ)を耐熱ボウルに入れて電子レンジにかける。10秒ごとにかきまぜながら、石鹸がオイルに溶けるまで加熱する。好きな香りのエッセンシャルオイルと砂糖(1カップ、未精製のものでもOK)を入れて混ぜ、製氷皿に入れて冷凍庫で固める。

野菜やハーブのプランター代わりにも!

製氷皿は、なんとガーデニングにも大活躍! まず、くぼみの底にそれぞれドリルで穴を開ける。穴の大きさは箸か鉛筆が通るくらいにしておく。くぼみに土をいれ種をまく。芽が出てきたら、そのままテーブルの上に飾って。大きな野菜を栽培する場合には、芽が出るまで製氷皿で育て、その後に植え替えること。

赤ちゃん用のミニランチBOXとして

なんと製氷皿は、赤ちゃん用のお弁当箱にすると使い勝手がいいみたい! 製氷皿のくぼみにクラッカーや果物、野菜などを入れていけば、ぐちゃぐちゃになってしまうこともなし。しかも新メニューも無理のない量からトライできるのもうれしい。