北朝鮮の外務省の報道官(スポークスマン)は21日、談話を通して「核戦争には朝鮮式の核打撃戦で躊躇することなく対応し、米帝との決戦で必ず勝者になる」と主張した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

談話は、「われわれの自主権と生存権をあくまでも踏みにじろうとする米国のヒステリックな核戦争挑発策動によって、朝鮮半島と地域の情勢は極度に険悪な境地に至っている」と指摘。

つづけて、「米国の威嚇と恐喝に驚くわれわれではない。われわれの白頭山革命強兵は米国の策動を鋭く注視しており、即時対応する万端の準備を終えて命令だけを待っている」と強調した。

また、「わが共和国は、平和愛好的な社会主義国家として平和をまたとなく大事にし愛するが、決して戦争を恐れず避けようともしない」としながら、「米国が持っているいかなる選択と手段にもすべて対応できる十分な能力を備えた核強国であり、米国のいかなる選択も避けない」と主張した。