羽生結弦【写真:Getty Images】

写真拡大

国別対抗、唯一200点台で宇野と1、2位独占、日本首位キープ「順位を強固にした」

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦(代々木第一体育館)2日目は21日、日本が合計81点として初日に続き、首位を守った。その原動力となったのは、男子シングルのフリーで1、2位を独占したエース・羽生結弦(ANA)と宇野昌磨(中京大)。海外メディアも“最強コンビ”の名前を挙げ「日本の順位を強固なものにした」と報道し、とりわけ羽生を高く評価している。

 羽生は後半に4回転を3本成功させるなど、積極的な滑りで200.49点をマーク。最終滑走で登場したSP1の宇野も198.49点で2位に入り、上位を日本勢で独占した。チーム得点も2人で23点を獲得し、一時3位に転落していた日本を再浮上させた。

 米スケート専門メディア「icenetwork」は「チーム・ジャパンが世界国別対抗戦で一挙にリード」と伝え、2位のアメリカに3点差をつけた日本について言及。「ユヅル・ハニュウとショウマ・ウノは男子フリーで1、2位になり、日本の順位を強固なものにした」と男子シングル2人の貢献ぶりを称賛した。

 記事では、主将を務めるアイスダンスの村元哉中が「結弦と昌磨に驚かされました。(三原)舞依と(樋口)新葉は(昨日の)ショートプログラムで自己ベストを記録しました。幸いにも、良い流れが続いています。優勝の可能性は高いと思います。だから、すごくワクワクしているんです」と話したことを紹介している。

SP7位と不発もフリーで貫禄、米メディア「ハニュウが日本の1、2位独占を導く」

「主催の日本が世界フィギュアスケート国別対抗戦2日目でリードを守る」と報じた英スポーツメディア「inside the games」もユヅル・ハニュウとショウマ・ウノが男子フリーで1位、2位となり、日本の首位を守った」も“最強コンビ”を称えた。

 国際スケート連盟(ISU)の公式サイトは「世界国別対抗戦2日目でチーム・ジャパンはリードを守る」と初日から首位をキープした日本について「ハニュウはショートプログラムよりも一層力強いパフォーマンスを見せた」と記述。SPで7位と不発に終わりながら、フリーで唯一の200点超をマークした羽生を評価している。

 また、米ヤフースポーツでは「ハニュウが日本の1、2位独占を導く」との見出しで報じており、日本のエースが残したインパクトが特に大きかったようだ。羽生、宇野ともにこれが今季最終戦。来年に迫った平昌五輪へ向け、貫禄を示した形となった。

 今大会最終日の22日はペアと女子シングルのフリーが行われる。日本を牽引してきた2人からバトンを受け、チーム・ジャパンは3大会ぶりの優勝をつかみ取れるだろうか。