【詳細】“吹替版オールスターズ”による特別映像はこちら

『ハリー・ポッター』シリーズでハーマイオニーを演じたエマ・ワトソンを主演に迎え、アニメーション映画として史上初めてアカデミー作品賞にノミネートされた不朽の名作『美女と野獣』をディズニーが実写映画化。

3月17日に全米公開を迎え、オープニング3日間興行成績1億7千万ドルをたたき出し、2017年公開作品NO.1の大ヒットスタートを切ると、わずか27日目の4月13日には、世界興収10億ドルを突破。主演のエマ・ワトソンの代表作で社会現象的な大ヒットを記録した『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001年)の974,755,371ドルを超える驚異的な記録を樹立した(数字はすべてBOXOFFICEMOJO調べ)。

そして、4月21日、映画『美女と野獣』がついに日本にて全国公開を迎えた。

これを記念して、劇中の大人気ナンバーをプレミアム吹替版キャスト総勢11名がアカペラで歌い上げる特別映像『Be Our Guest/プレミアム吹替版 オールスターズ』が解禁。公開を待ち望んでいた観客たちを、舞台や映画で活躍している豪華キャストたちが、もてなすような映像となっている。

今回使用された楽曲「Be Our Guest(ひとりぼっちの晩餐会)」は、アカデミー賞8回受賞を誇るディズニー音楽の巨匠アラン・メンケンが手がけた名曲で、ディズニー作品の中でも多くのファンを持つ曲として知られている。この楽曲をプレミアム吹替版を務めたキャストたちが披露している。

出演キャストは以下の通り。

■ベル役:昆夏美

初出演ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』のヒロイン、ジュリエット役でプロデビュー。その後も、『ハムレット』のヒロイン、オフィーリア、『レ・ミゼラブル』のエポニーヌ、『ミス・サイゴン』のキムなど、多くの女優が憧れる大役を次々と射止める。また、アーティストとしても多数のCDをリリースするなどミュージカル界の枠を超えた新世代の歌姫。

■野獣役:山崎育三郎

07年『レ・ミゼラブル」のマリウス役に抜擢されて以来、『ロミオ&ジュリエット」『モーツァルト!』『ミス・サイゴン』『プリシラ』など数多くのミュージカルに出演。近年は『下町ロケット』(2015年)『あなたのことはそれほど』(2017年)など、多くのTVドラマへの出演で活躍の場を広げている。6月7日にはカバーアルバム『1936〜your songs II〜』を発売する。

■モーリス役:村井國夫

『レ・ミゼラブル』『マイ・フェア・レディ』『ミー&マイガール』など数え切れないほどの舞台に出演し、TVでは、NHK大河ドラマや時代劇、刑事ドラマなどで人気を博している。また声優としても活躍中。

■ガストン役:吉原光男

劇団四季『美女と野獣』でガストン役として活躍、その後2011年には、帝国劇場開場100周年記念公演『レ・ミゼラブル』で日本公演史上最年少の32歳でジャン・バルジャン役を演じた。

■ル・フウ役:藤井隆

吉本新喜劇でデビュー後、バラエティ番組などで活躍。さらには「ナンダカンダ」で歌手デビューし、紅白歌合戦に出場を果たすなど、芸人、歌手、俳優としてマルチな才能を発揮。近年では『真田丸』『逃げるは恥だが役に立つ』(2016年)などヒットドラマへの出演が続く。

■ルミエール役:成河[そんは]

『グランドホテル』『100万回生きたねこ』『アドルフに告ぐ』『ショーシャンクの空に』などの主演舞台を多数経験。現在、劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season花に天魔王役で出演中。近年では、NHK連続テレビ小説『マッサン』など、TVドラマへの活躍もひろげる注目俳優。

■コグスワース役:小倉久寛

三宅裕司主宰の劇団スーパー・エキセントリック・シアターの創立メンバーで客演としてミュージカルへの出演も多く、映画、ドラマ、バラエティ、声優、ナレーターなどとして幅広く活躍している。

■マダム・ド・ガルドローブ役:濱田めぐみ

劇団四季に合格後、そのわずか3ヵ月後に『美女と野獣』のベル役でデビュー。その後、数多くの劇団四季作品でヒロインを務めると、退団後も多数の舞台で活躍。今年、第24回読売演劇大賞優秀女優賞を受賞。

■プリュメット役:島田歌穂

『レ・ミゼラブル』日本初演で脚光を浴び、出演回数は1,000回を超える。同作の世界ベストキャストに選ばれ、英国王室主催の御前コンサートに出演。さらには参加したベストキャストアルバムが米国にてグラミー賞を受賞。その他、芸術選奨文部大臣新人賞、紀伊國屋演劇賞個人賞など多数の受賞歴を誇る。

■ポット夫人役:岩崎宏美

1975年に「二重唱(デュエット)」でデビュー以来、「ロマンス」「すみれ色の涙」「聖母たちのララバイ」など、数多くのヒット曲をもち、1987年にミュージカル『レ・ミゼラブル』の日本初演でファンティーヌ役に抜擢されて以来、くり返し同役を演じるなど、演技力にも定評がある。

■チップ役:池田優斗

第39回モントリオール世界映画祭招待作品『at Home アットホーム』(2015年)や、NHK大河ドラマ『平清盛』(2012年)に出演、その他、カンヌ国際映画祭特別招待作品『リトルプリンス〜星の王子さまと私』(2015年)、『コウノトリ大作戦』(2016年)など声優としても活躍中。

実力を兼ね備えた夢のようなキャスト陣として話題騒然の“プレミアム吹替版オールスターズ”による、今回限りの豪華なアンサンブルが堪能できる映像は必見だ。





映画情報



『美女と野獣』

4月21日(金)全国ロードショー

監督:ビル・コンドン

出演:エマ・ワトソン、ダン・スティーヴンス、ルーク・エヴァンス

映画『美女と野獣』作品サイト

http://www.disney.co.jp/movie/beautyandbeast.html

山崎育三郎 OFFICIAL WEBSITE

http://www.ken-on.co.jp/1936/