キム・ヒョナ「デビュー10年、幼い頃から1つの夢を持って突っ走ってきた」

写真拡大

歌手キム・ヒョナがファッション誌「CeCi」5月号のカバーを飾った。

「Music is My Life」というテーマにふさわしいキム・ヒョナの強烈な姿が視線を釘付けにする。また、キム・ヒョナはPENTAGONのフイとイドンとのユニットTriple Hとのグラビア撮影とインタビューも行った。デビュー10周年を迎えたキム・ヒョナがPENTAGONと結成したユニットはすでに多くの話題を集めている。

デビュー10周年を記念し、数々のファンミーティングと北米ツアーを行ってきたキム・ヒョナは、Triple Hに対する特別な愛情を表した。フイとイドンがPENTAGONとしてデビューする前、練習生時代から音楽で活発に交流してきており、この2人からトレンディな音楽に対する刺激を受けたとキム・ヒョナは伝えた。

PENTAGONのイドンとフイも、プレッシャーを感じながらもTriple Hに対する意欲を表した。イドンは「活動が決まる前にも先輩と音楽、コンセプト、ビジュアルなど、どんなスタイルが良いかたくさん話し合った。先輩に迷惑をかけたくないという気持ちばかりだ。しかし、本当に楽しそうなのでウキウキしている」と気持ちを打ち明けた。フイも「身に余り、感謝している。プレッシャーを感じないと言ったら嘘になる。全力を尽くしてTriple Hのフイとして新しい姿を披露したい」とし、嬉しい気持ちを隠せない様子だった。

男女ユニットという点でTrouble Makerを思い出さざるを得ないという質問に、キム・ヒョナは「それがどんなものでも、プレイヤーが持つカラーというものがある。Triple Hはノスタルジーを引き起こしながらも洗練されたカラーを持っている。アルバム作業にも以前よりたくさん参加して、精魂を込めて作った。フイとイドンが経歴に比べて充実していて、奥深い音楽をする人たちなので、相乗効果も大きかった」と自信を表した。

キム・ヒョナは現場の雰囲気をリードし、後輩たちにグラビア撮影のノウハウを親切に教えながら意欲を見せたという。イドンとフイは「ステージ裏で周りの人々に気を配っているところを見ると、本当に良い人だなぁと思う。キム・ヒョナ先輩を見ると、いつも周りに良い人々が多くて、その人々を配慮する姿がカッコよくて学びたい。いつも全力を尽くして一生懸命に頑張る姿も刺激になる」と伝えた。

デビュー10年が過ぎてもまだ26歳のキム・ヒョナは、着実に積み上げてきたこれまでの時間が大切だという。「人々に10年目だと言われるたびに恥ずかしかったが、恥ずかしがる必要はないことに気づいた。幼い時から1つの夢を持って突っ走ってきたので、堂々と11年目、12年目だと言えるように、もっとたくさん努力しようと思う」と語った。

カバーモデルキム・ヒョナとTriple Hのグラビアとインタビューは、ファッション誌「CeCi」5月号を通じて確認することができる。