三浦貴大が両親への思いを明かした

写真拡大

4月21日放送の「A-Studio」(TBS系)に、三浦貴大がゲスト出演した。

【写真を見る】三浦貴大を一喝した笑福亭鶴瓶。次回のゲストはYOU/(C)TBS

俳優・三浦友和を父に持つ貴大は、2010年公開の映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」で役者デビュー。父の背中を追い掛けるのと同時に、母・百恵の“主婦”という仕事にも昔から憧れを抱いていたという。

国民的スターだった母は、結婚と同時に芸能界を引退。その後は主婦としての日々を過ごす母の姿について、貴大は「家を守るっていう格好良さみたいなものがすごくあって」と語る。笑福亭鶴瓶も「夫と家族のために守り続けるというのもスゴいよね」と共感した。

自身の結婚の話題になると「10代後半くらいから絶望してるんですよ」と貴大。ずっと仲の良い両親を見て育ってきたため「(両親みたいな理想の結婚相手を見つけるのは)俺は無理かなって(笑)」と貴大がぼやくと、鶴瓶は「(そんな弱気じゃ)アカン!」と一喝した。

次回、4月28日(金)放送の「A-Studio」のゲストはYOU。