より強く、よりプロフェッショナルに 〜サッカー天皇杯が進む道と課題〜

写真拡大 (全5枚)

こんにちは、駒場野です。

4月17日、東京の日本サッカー協会(JFA)ビルで第97回天皇杯の開幕記者会見が行なわれました。

最初は主催者であるJFAの田嶋幸三会長、天皇杯実施委員会の松崎康弘委員長(JFA常務理事)、スルガ銀行代表取締役社長兼CEOの岡野光喜氏の3人による発表会見。続いて、今年の元日の決勝戦に勝って天皇杯を獲得した鹿島アントラーズの石井正忠監督と植田直通による天皇杯返還セレモニーが行なわれました。

この席で、今回の天皇杯についての概要が改めて紹介されました。

今回も決勝は2018年の1月1日、場所は初めて埼玉スタジアムです。ウィキペディアによると埼玉県内での決勝開催は、第36回大会の1956年5月6日に埼玉県営陸上競技場を使って以来、61年ぶりとのこと。この時に通算6度目の優勝をしたのは慶應BRB、前回のコラムで扱った東京ユナイテッドFCの母体の一つです。

会見の中で強調されていたのは、初めてサッカー専用スタジアムでの開催となった吹田での前回決勝の成功です。

田嶋会長は「鹿島はクラブW杯のようなクオリティを見せてくれたし、観客も一体となって盛り上げてくれたので、歴史的な試合になった」と称賛しましたし、石井監督も「サッカー専用スタジアムでやる意味を感じたので、来年の元日も同じ専用スタジアムでこれを味わいたい」と話しました。

また、松崎委員長からは新日程の説明がありました。1回戦を4月開催に前倒しして、Jリーグチームに代表選手がいる時期の水曜日に天皇杯を準々決勝まで進めるようにしたそうです。田嶋会長は「これでベストなチームが出せる。収益の面では(土日開催と比べると)マイナスだが、カップ戦を水曜に定着させる事でサッカーのクオリティを上げたい」という意向を示しました。

アマチュアも「強化費」として受け取れる大会賞金は増額され、優勝すると5割増の1億5千万円に。また、Jリーグでは審判の判定についてクラブとの話し合いを進めていますが、この天皇杯の試合も対象に含めるというのも、審判出身の松崎氏らしい改革です。

これらにより、天皇杯は「より強く、よりプロフェッショナル」な大会として、JFAの中でも重視されている方向性が見て取れる会見でした。司会を務めたNHKの松野靖彦アナウンサーからも、「2回戦からは注目試合をNHKが中継します」という紹介がありました。

トップの天皇杯返還式に続いて行なわれたフォトセッション。「ジーノ」のポスターの横、天皇杯を囲んで左から松崎委員長、植田選手、田嶋会長、石井監督、岡野会長。

もう一つの「ベストメンバー」問題は?

ただ、私は最初の三者会見の質疑応答ですぐ手を挙げました。

「2回戦は水曜開催ですが、1回戦を勝ち上がった都道府県代表チームはJクラブの本拠地へ遠征します。遠い地域での試合の場合、アマチュアクラブの選手達は会社や学校を休まないと行けませんが、その休業補償はできるんですか?アマチュアの方がベストメンバーを組めないという事態になりませんか?」

2回戦のカードのうち、1回戦勝利チームが登場し、J1やJ2のクラブと対戦する試合の日程表を、ちょっと簡略化して作りました。

<表1>天皇杯2回戦でJ1/J2クラブと1回戦勝利チームが対戦する組み合わせ

出場チームが代表する都道府県名で表記。ただしベストアマチュアで出場するHonda FCは「Honda」。県名の後ろに( )がある場合は、そのJ3チームが県代表。

2回戦は32試合が予定され、そのうち24試合が「J1ないしJ2クラブのホームに都道府県代表チームが登場」しますが、最低でも15試合はJ3が絡まない、純粋なアマチュアリーグ(大学を含む)のチームが遠征してきます。

一番問題なのは56番でしょう。松本山雅の待つアルウィンに乗り込むのは、FC徳島セレステとMD長崎の試合の勝者になります。1回戦を地元で戦うFC徳島セレステは四国リーグ所属、川島高校のOBを中心にしたチームを母体にして今年社団法人を設立したクラブだそうです(公式サイトより)。

MD長崎は三菱電機長崎を母体とし、長崎県リーグ1部では昨年まで7連覇(ウィキペディアと同チームFBより)。両チームとも昨年の天皇杯に出て、徳島セレステはヴォルティスとの「徳島ダービー」、MD長崎は大分トリニータとの九州対決に臨み、いずれもその1回戦で敗れています。

前回は比較的楽な移動(長崎→大分はそれなりにかかるとしても)でしたが、四国や九州から信州になるとそうはいきません。近い方の徳島でも、通常の日勤をこなしてからの夕方出発では、当日に松本には着けません。バス移動で深夜に現地のホテルへ入るか、途中の名古屋に一泊して朝に宿を出るかのどちらかです。

飛行機を使うしかない長崎はもっと大変で、欠航リスクが高すぎる当日移動(福岡→松本便)を避けるならば名古屋か東京で一泊です。しかも帰りも大変で、19時開始のナイトゲームの後に往路ルートを逆にたどっても、長崎空港に帰れる一番早いルートはバス車中で仮眠を取った後に羽田か中部からの第一便に乗る翌朝9時頃。まるで代表チームのW杯最終予選のようなハードさです。

FC徳島セレステ公式サイト

MD長崎Facebookページ

私の質問に対し、松崎委員長はこう答えました。

「本当は1回戦も水曜にしたかったが、各県協会の皆さんのご意見に配慮して週末開催にしました。こういう配慮をしたので、皆さんも喜んでくれるでしょう」

確かにその配慮はなされたのでしょうが、出発点が低すぎる気がします。

基本的には週末、それも多くは日曜の日中開催にして仕事への影響を最小限に考えているアマチュアの地域リーグでも、どうしても抜けられないという理由で主力選手が「謎の欠場」をする話はしばしば聞きます。基本はアマチュア同士の対戦になる1回戦を水曜の夜に設定して、2週間前に本大会出場が決まったビジターチームを全国各地で移動させようという発想自体がありえません。

旅費・宿泊費基準額の増加でクラブ負担を減らそうという姿勢は分かりますが、1回戦から2ヵ月の余裕があっても各選手個別のやりくりは大変で、「ベストメンバー」で試合に臨めるかはかなり難しいからです。

もちろん、この問題に「正解」はありえません。代表招集で中心選手を抜かれたまま、アジアにもつながる天皇杯を戦う事への不満を、特にJ1の強豪クラブが持っていても不思議ではないからです。

それを承知の上で、やはりJFAにはもう少し都道府県代表への配慮を強めて欲しいとも願います。アマチュアチームの選手にとってJクラブと公式戦ができるのは最初で最後かもしれませんし、それなら最高の状態で戦っていただきたいからです。

今年もメインビジュアルで『GIANT KILLING』のジーノ選手を使い、特別協賛のスルガ銀行が「SURUGA I DREAM Award」を出すのなら、その可能性を広げる方向でのセッティングをお願いしたいです。代表選手も登場できる日程にしたいのなら、ベスト16が出そろった後の8月7日に組み合わせ抽選をするラウンド16(4回戦)以降でも良いのではないでしょうか。

これは来年以降の課題として、協会に期待しています。

JFA公式サイトからダウンロードできる天皇杯のポスター。モデルはETUの司令塔、ジーノ。

1回戦の注目カード

それでは、私が選んだ1回戦の注目カードを紹介しましょう。

【2】いわきFC(福島)-ノルブリッツ北海道(北海道)

<とうスタ、4月22日(土)13:00KO>

アンダーアーマーの日本総代理店である株式会社ドームが運営を全面サポートし、新たなビジネスモデルのJクラブになるかと注目されるのが、このいわきFC。湘南ベルマーレ強化部長からクラブ運営会社の代表取締役になった大倉智の下で体制整備が進み、同じく元ベルマーレの田村雄三監督が指揮するチームは福島県予選の決勝でJ3の福島ユナイテッドを2-0で下し、創立5年目で天皇杯本戦に初出場しました。今年最大の目標は、昨年は準々決勝で敗れた全国社会人サッカー選手権で上位に入り、その後の地域リーグCLを突破してのJFL昇格でしょう。

一方はノルブリッツ北海道。前身の北海道電力サッカー部を含めて北海道リーグ優勝18回と、間違いなく道内最強のアマチュアチームです。天皇杯出場も6回目ですが、今まではどうしても他県の壁を抜けませんでした。今回、本大会初勝利を飾れば2回戦で初めてコンサドーレ札幌との「北海道対決」が実現するのですが、そこでこの強敵と当たる事になりました。

もちろん、福島は震災と原発事故からの復興という大きなテーマがあり、原発への対策拠点となっていたJヴィレッジも天然芝を再び植えて2018年の営業再開を目指している最中。田嶋会長もここに行くと明言していました。

【5】AC長野パルセイロ(長野)-鈴鹿アンリミテッドFC(三重)

<長野U、4月22日(土)13:00KO>

4年前と昨年の2度も名古屋グランパスを倒し、ジャイアントキリングの常連になりつつある長野パルセイロですが、この1回戦では狙われる側になります。

ユニスポンサーの「お嬢様聖水」が話題にもなった鈴鹿アンリミテッド、昨年はヴィアティン三重と公式戦で5度も対戦しましたが、唯一の敗北が地域リーグCL。これで向こうにJFL昇格を許しました。しかし、今年の三重県予選決勝ではこの宿敵を延長後半の決勝ゴールで2-1と下しました。JFA記者会見で松崎氏にこの勝利を「ジャイアントキリング」と呼ばれたのは、鈴鹿にとっては不本意でしょう。本当のアップセットは、このJ3の強豪を倒してこそ感じられるはずです。

【9】ブラウブリッツ秋田(秋田)-国士舘大学(東京)

<A-スタ、4月22日(土)13:00KO>

昨年2回戦の川崎フロンターレ戦では見事なゴールとサポーターのなまはげ&竿燈で等々力の観客を驚かせたブラウブリッツ秋田。前身のTDK以来、秋田県のサッカーでは圧倒的な存在で、本大会16年連続出場はガイナーレ鳥取の18年に次いで都道府県代表では2番目の長さ、J2の22クラブでも秋田の24回出場を上回るチームは7つしかありません。

一方、町田のJ2昇格とユース勢の大会不参加があっても勝ち抜くのが大変な東京都予選。強豪の国士舘大学も9年ぶりで、初出場のいわきとアスルクラロ沼津を除けば最も本大会から遠ざかっていたチームでした。関東大学リーグ1部の常連だったのが、昨年は大不振で40年ぶりの2部降格となった今シーズン、決勝では1部の明治大学を倒して復活への足がかりを作りました。

署名活動中のスタジアム改修でJ2への環境を作りたい秋田と卒業後は多くの選手がプロへ進む国士舘、どちらもそれぞれの「上」を目指した対決です。

【6】FC琉球(沖縄)-FC今治(愛媛)

<沖縄県陸、4月23日(日)13:00KO>

日曜開催からはこの1試合。ある意味では「日本で一番有名な地域リーグチーム」、FC今治です。岡田武史オーナーの下、2年かかりましたが、まずはJへの前提条件となるJFLに昇格しました。今治は現体制になる前、2012年・第92回の2回戦でこの年のJ1チャンピオンになるサンフレッチェ広島を2-1で倒すスーパージャイアントキリングを達成していますが、ここでもう一つ、それに匹敵するインパクトを与えたいところです。

しかし、ここはJ3の先輩、琉球にも意地が。なにしろ「初夏」で「海開き」というほどの暑さが待っているかもしれません。そして、まだ天皇杯で他のJリーグクラブに勝った事がない空白を埋められるか、2回戦ではファジアーノ岡山が待っています。

この他にも注目カードは目白押し。中継予定を見ると、土曜はスカパーでアスルクラロ沼津-サウルコス福井、インターネットのJFA-TVでは奈良クラブ-ヴァンラーレ八戸。日曜はどちらもスカパーでYSCC横浜-筑波大学、ガイナーレ鳥取-鹿児島ユナイテッドの2試合が生中継されます。

このほかにも魅力的なカードが一杯、元日埼スタ決戦への第一歩をぜひお見逃しなく!

筆者名:駒場野/中西正紀

サッカーデータベースサイト「RSSSF」の日本人メンバー。Jリーグ発足時・パソコン通信時代からのサッカーファン。FIFA.comでは日本国内開催のW杯予選で試合速報を担当中。他に歴史・鉄道・政治などで執筆を続け、「ピッチの外側」にも視野を広げる。思う事は「資料室でもサッカーは楽しめる」。

サイト: http://www.rsssf.com/
Twitter: @Komabano
Facebook: masanori.nakanishi