2017年初頭のインターネットを騒がせまくった『DTを殺すセーター』のブルーがヴィレッジヴァンガードにて発売されましたよ!!

■DTを殺すセーターとは

 『DTを殺すセーター』とは、背中がぱっくり開いているタートルネックのノースリーブで、首の後ろではリボンが結べるようになったニットワンピースのこと。『DTを殺すセーター』の他、『例のセーター』『○○を殺すセーター』と呼ばれることもあります。

 本来『DTを殺す○○』とは、女性経験の未熟な男性が「いざ勝負の時に脱がせるのに困る服」という意味で使われていました。例えば隠しボタンのあるブラウスや、ボタンが異常に多いワンピースなど。ところがどっこい、このセーターの登場により「女性慣れしてない男性には刺激的すぎる服」という意味でも使われ始め、話題になった当初は「本来の意味と違う!」という指摘も相次いでいました。

 なお、定番は淡いグレーとされ、多くの二次元キャラクターに着せてみたり、実在するモデルやタレントが着用したりしてSNSに紹介し、年初のネットシーンを賑わせたのは記憶に新しいところ。
 ちなみに、前後ろを逆さに着るとリボンがちょうどバストトップ部分に重なりDTへの殺傷能力がさらにアップすることを、男の娘モデルで作家の大島薫さんが自ら着用して証明したこともありました。

■定番のグレー、黒、白の再販も開始

 ブルー以外にも定番のグレー、肌の色が映える黒、清楚な白の再販も開始されていますよ!

 丈約72cm、幅は約40cm(Sサイズ、164cm以下の人向け)。サイズはS、M、Lと展開。伸縮性のある素材でつくられているため、最小のサイズとなります。お値段は税込み5,000円となっています。

(大路実歩子)