貴女は本命?男性が”本命女子しか連れて行かない場所”

写真拡大 (全6枚)

男性は皆自分のテリトリーを持っているもの。心を許してくれないとそのテリトリーを晒してくれないので、彼のテリトリーに入り込むことができたら、「自分は本命」と自信を持っていいかもしれませんね。今回は男性が”本命女子”しか連れて行かない場所を、いくつかご紹介します。

常連のお店

男性自身が常連のお店に連れてってもらえた貴女。

常連のお店はまさしくテリトリーの一部ですね。
ホームである行きつけのお店は、彼にとって落ち着ける空間。
そんな空間に招かれるということは、貴女に気を許しているということです。

また常連なんだと言いつつ色々なうんちくを披露してくれたり、店員と親しげに話したり・・・。
これは「俺のことをもっと知って欲しい」という合図でもあります。

彼のお話に耳を傾けてあげましょう。

出典:modelpress

 

お気に入りのお店

彼の一番お気に入りのお店に連れてってもらえた貴女は、本命女子の可能性大!

他の人には教えたくないけど、貴女とだったら楽しみたいと思ってくれているのかもしれません。

「自分の好きなものを貴女にも好きになってもらいたい」
という気持ちが彼の中で見え隠れするならば、これはもう私は本命なんだ!と自信を持ってOKでしょう。

 

 

高級なお店

高級なイタリアンレストランやフレンチレストラン。

彼にとっては金銭的にかなりの負担になるので、本命じゃないと連れて行ってはくれないでしょう。
連れて”行かない”ではなく、連れて”行けない”レベルですね。

興味がない女性やキープ要因の女性にはそこまでしてくれないので、高級なレストランに行こうと彼から誘ってくれた場合は、期待してもいいでしょう。

 

夜景が綺麗なスポット

夜景が綺麗なスポットは、男性にとって勝負の場所でもあります。

ロマンチックな雰囲気になりたいなんて、本命女子にしか湧き起らない感情です。
綺麗な夜景はデートのムードを思い切り高めてくれるので、きっと二人の仲も急接近するはず。

また「自分の好きな景色を好きな人と共有したい」と思う男性もいるようなので、夜景の美しさには素直に感動するのがよさそうですよ。
男性が自分のテリトリーを晒してくれたら、自分は本命と思ってもOKかも!
参考にしてみてくださいね。