写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●Snapchat対策を進めるフェイスブック
2017年4月18日からの2日間、カリフォルニア州サンノゼで開催されたフェイスブックの開発者会議F8。拡張現実、仮想現実といった目新しく派手な表現のプラットホームを披露する一方で、基調講演でより大きな注目を集めていたのがMessengerだ。

12億人が日々利用するFacebook Messengerは、Facebookユーザー同士で文字・写真・音声とビデオ通話を実現することができる独立したアプリだ。このメッセージアプリへの注力は、フェイスブックにとって、どのような意味を示すのだろうか。

○Snapchat対策

フェイスブックが現在、最も注視している存在はSnapchatだ。若者層に拡がりを見せるSnapchatに対して、フェイスブックはInstagramを通じて露骨な対応策を講じている。

その理由は、Snapchatが誇る1日に占めるアプリ占有時間の長さだ。Snapchatユーザーは、1日に25分をSnapchatアプリ内で過ごし、6割のユーザーがコンテンツを投稿している。他方、Instagramはより閲覧が重視されるアプリで、占有時間もInstagramの半分となる15分に留まる。

Facebookアプリの占有時間は35分で、YouTubeの40分に次ぐ台2のソーシャルサービスとなっているが、新興のSnapchatに追い上げられている点から、対策を急ごうとしている。

Facebook本体のアプリでもカメラ機能を強調し、拡張現実(AR)を取り入れることで、Snapchatとは異なるコンテンツ投稿体験を作り出す方向へと舵を切った。特に視聴時間が写真よりも長くなるビデオやライブ配信に注力している理由も、Facebookアプリでの滞在時間を引き延ばす効果を狙っている。

その上で、Instagramからも、Snapchatを追撃する姿勢を見せている。Snapchatの目玉機能となった24時間写真やビデオを公開できる「ストーリー」機能をInstagramにも導入し、日間のユーザー数で、Snapchatの1億6100万人を上回る2億人を突破した。

Instagramの日間ユーザー数はそれより多い6億人であり、そもそものユーザー数ははるかに多い。それでも、Snapchatを狙い撃ちする同種の機能で、Snapchatそのものの勢いを削ごうと躍起になっている。

●ビジネスツールに変わったMessenger
○第三の刺客としてのMessenger

そうしたなかで、Messengerは、Snapchatに対する第三の刺客と言える。

Messengerにも、24時間コンテンツが表示される「My Day」機能を導入した。これはSnapchatやInstagramのストーリーと同様の機能であり、My Dayへの反応は、Messengerのチャットとして返信され、コミュニケーションのきっかけ作りを演出しているのだ。

別の見方を考えれば、Messengerが、現在のモバイルコミュニケーションのトレンドを取り入れた、と見ることもできる。

My Dayは、各ユーザーが自分の体験をシェアする最も手軽な手段を提供している。こうした日常をタイムリーに共有するトレンドがSnapchatによって定着したとみるならば、そうしたカルチャーをメッセージアプリにも取り入れ、用事がなくてもコミュニケーションが発生する仕掛けとして活用しようというアイデアだ。

結果として、Messengerアプリへのエンゲージメントの向上を図ることができる。

○ビジネスツールとしてのMessenger

フェイスブックは、Messengerを、単なるコミュニケーションツールとして終わらせるつもりはない。2016年のF8では、Messenger Platformを発表し、ボットの開発やショッピング、送金といったサービスを、メッセンジャーアプリ内で行うことを可能にした。つまり、ビジネスと顧客が直接つながるインターフェイスとして、メッセージアプリを変貌させたのだ。

既にビジネス活用は進んでおり、「顧客への関心を高める」「顧客獲得」「顧客サービス提供」「ショッピングや決済」「金融サービス」といった分野を紹介した。すでに10万ものボットが作成されており、個人と企業の間で交わされたメッセージは自動返信も含み20億通になった。

●Messengerが帯びた使命
○2017年は何が進化するか

2017年のF8では、このプラットホームを発展させ、新しい機能を追加している。まずDiscovery Tabでは、ビジネスを見つけやすくする方法を提供している。もしも店舗が、Messenger向けの2次元コードを提供していれば、Messengerから直接コードを読み取って、つながることができる。

また、Chat Extensionsでは、ウェブサービスやアプリの機能をメッセンジャーの中に呼び出して、チャットもしくはグループチャットで利用することができる仕組みだ。SpotifyやApple Musicの音楽を共有したり、レストランや映画の予約も、Messengerアプリの中で行うことができる。

さらに、人工知能「M」の活用も盛りこまれた。例えばカフェのアカウントに「場所はどこ?」と尋ねると、ボットで回答を用意していなくても、自動的にカフェの住所を返信させることができる。

また、会話の中で食事の約束を話すと、その時間のスケジュールを記憶し、自動的にリマインダーを出す機能も備わった。前述のChat Extensionsに対応するアプリが、Mと連携しておすすめを掲出することも可能だ。

○いかに大きな存在に育てられるか

Messengerは、企業、アプリをコミュニケーションに持ち込むことによって、Facebook本体の広告とは異なるビジネスの現場を作り出し、それを人工知能によって加速させようとしている。

Facebookがソーシャルなつながりと偶発的な体験を重視するならば、Messengerはよりプライベートな場での必然的な体験を重視する、そんなコントラストを見出すことができる。

あらゆる個人、ビジネスやサービス、ニュース、行政などがMessengerアカウントを持ち、チャットで情報やサービスを交換する世界が、フェイスブックにとってのMessengerのゴールだ。

やや原始的なたとえかもしれないが、Messengerはあらゆる連絡先やビジネスが掲載されている電話帳みたいな存在であり、電話の代わりにメッセージをやりとりして問題を解決する世界こそ、Messengerが目指す未来なのだ。

フェイスブックは、メッセージアプリWhatsAppも傘下に収めており、主な競合はアップルのiMessage(メッセージアプリ)、日本発のLINEとなる。アップルはアプリをメッセージの中で活用する機能を取り入れており、ステッカーにも対応した。またLINEもビジネス連携を積極的に行っており、先頃、人工知能のプロジェクトについても発表したばかりだ。

ただ、いずれも、今回発表されたMessengerのプラットホーム戦略と比較すると、技術面やサービス面が断片的で、取り組みが弱いように見える。

(松村太郎)