ベントレーの2ドアクーペ、「コンチネンタルGT」次期型プロトタイプをカメラが捉えました。

カモフラージュがかなり取れた試作車からは、外側が小さくなった丸眼ヘッドライトや、テールライトの新グラフィックが確認できるほか、リアにはリトラクタブル・スポイラーも装着されています。

プラットフォームには、ポルシェ パナメーラ新型にも採用されているVW最新の「MSB」を流用し、330ポンド(150kg)の大幅な減量を実現。さらに、ホイールベースを延長します。

 

パワートレインは、やはりパナメーラから流用される4リットルV型8気筒ツインターボエンジン、及びパナメーラ Eハイブリッドの2.9リットルV型ターボ+電気モーターをラインナップ。ハイエンドモデルには600psを発揮する6リツトルW12型ターボが君臨します。

ワールドプレミアは2018年3月ジュネーブモーターショーになりそうです。

(APOLLO)

パナメーラを完全移植!? ベントレー コンチネンタルGT次期型の全貌が露わに!(http://clicccar.com/2017/04/22/465213/)