【警告】なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】井手口陽介(G大阪)

写真拡大 (全4枚)

[J1リーグ第8節]G大阪6-0大宮/4月21日/吹田S
 【G大阪6-0大宮PHOTOハイライト】G大阪が最下位大宮に6ゴールの大勝!
【チーム採点・寸評】
G大阪 7
4バック+ボックス型の中盤は今季初。攻守両面で見事な連動性を見せて、大量6ゴールを奪取し、敵の反撃を被決定機1に封じ込んだ。ここ数試合の悪しき流れを断ち切った。
 
【G大阪|採点・寸評】
GK
1 東口順昭 6
冷静に戦況を見極め、終始無駄のない動きでCBコンビと連動。前半はほぼセービングの機会がなく、後半アディショナルタイムの清水のミドルが唯一のピンチ。手堅く弾き返した。
 
DF
22 オ・ジェソク 6
90分間に渡ってソツのない上下動を繰り返した。右サイドからの攻撃を活性化し、守っては対峙した黒川にほぼ仕事をさせず。終盤は左SBに回って堅実な守備を披露。
 
2 三浦弦太 7
鋭い出足で相手のターゲットマン・清水のポストワークを封殺。巧みなライン操舵でチームのプレッシングを促進した。65分には頭でJ1初ゴールをマーク。
 
6 金 正也 6
肉弾戦で存在を示す。三浦とほど良い距離を保ち、大前の後方からの飛び出しにもクールに対応した。ビルドアップのところで何度か引っかかるも大事に至らず。
 
4 藤春廣輝 6(69分OUT)
軽症ながら怪我を抱え、万全のコンディションではないなか、絶えずフリーランを繰り返し、パスの選択肢を創出。先発に抜擢された泉澤の攻撃センスを引き出した。
 
MF
MAN OF THE MATCH
8 井手口陽介 7.5(69分OUT)
強烈ミドルで“2万1点目”を決め、攻守両面で高質な機動性能を見せつけた。豪快にボールを狩っては的確な散らしのパスで攻撃にリズムを生んだ。貴重な先制点+1アシスト。圧巻の出来だった。
 
10 倉田 秋 6.5
井手口と見事なつるべの動きを見せ、あらためて良質な万能型であることを証明した。守備での貢献度はいまひとつもリンクマンとして中盤のバランスを高次元に維持。2得点に絡む。
39 泉澤 仁 6.5
古巣相手に目の覚めるような一撃。序盤は硬さが見え、左サイドでノッキングを起こしていたが、徐々に積極性が出て、1ゴール・1アシストをマーク。後半は藤春との連携が冴え、単独での仕掛けも光った。
 
25 藤本淳吾 7(76分OUT)
今季初スタメンで奮迅の働き。中央へ進行する堂安の動きに呼応し、右サイドのスペースを効果的に活用。長短の正確なパスでアクセントを加えた。泉澤のゴールをお膳立てするなど、フィニッシュの局面でも異彩を放つ。
 
38 堂安 律 6.5
基準点である赤粼の周辺を自在に走り回りつつ、前線でしっかりタメも作った。62分に倉田のパスを受けて左足でゴールを蹴り込むと、77分には相手DFからボールを強奪して2点目。抜擢登用に応えてみせた。
 
53 赤粼秀平 6
スコアラーシートに名を残せなかったが、この日は名黒子として機能。堅実なポストワークと献身的なチェイシングが光った。終盤は長澤との2トップでセカンドトップとなり、果敢にゴールを狙う。
 
交代出場
DF
14 米倉恒貴 6(69分IN)
藤春に代わって右SBに配置され、今季初出場を果たす。すでに点差が離れていたため守備でシリアスな場面はほとんどなく、積極的に打って出た。
 
MF
7 遠藤保仁 6(69分IN)
4-0の展開でボランチに入る。安全第一のスタンスでつなぎ役に徹しつつ、アンカー然と振る舞って倉田を前方へと押し出した。
 
FW
20 長沢 駿 ―(76分IN)
ゲーム終盤に投入され、赤粼と2トップを組んだ。持ち前の高さを活かしてターゲットとなり、精力的に守備のタスクをこなした。
 
監督
長谷川健太 6.5
原点回帰ともいえるシステム変更で選手個々の特長を最大限に引き出し、インテンシティの高いサッカーを具現化。期待を込めて投じた泉澤と堂安、藤本が軒並み活躍と申し分なし。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
【チーム採点・寸評】
大宮 4
守備が瓦解した。立ち上がりからマークの受け渡しが曖昧で、16分に先制されるとチーム全体が消極的なプレーに終始。交代のカードを切るも守→攻の切り替えはままならず、ずるずると失点を重ねた。文字通りの惨敗だ。
 
【大宮|採点・寸評】
GK
21 塩田仁史 4
G大阪のシュート精度が高かったとはいえ、6失点はノーエクスキューズ。迎えたピンチは8回で、自力での阻止はひとつもなかった。低評価にならざるを得ない。
 
DF
13 渡部大輔 4.5
序盤戦は泉澤と藤春が織り成す攻撃にしぶとく対応。だが自身のマーキングミスで2失点目を許すと、以降は低い立ち位置のままで、攻撃への積極性を欠いた。
 
4 山越康平 4.5
被弾するたびにラインが下がり、G大阪にいいようにバイタルエリアを蹂躙された。ビルドアップの起点としてのパス精度は高かったが、MF陣がそれを先につなげられず。
 
3 河本裕之 5
赤粼と丁々発止のマッチアップを披露し、そこは巧みに封じ込んだが、相手の波状攻撃に振り回された感は否めない。試合後も言葉少なだった。
 
22 和田拓也 4.5
出入りの激しい内容。前半は精力的な動きで左サイドの守備を引き締め、49分にはがら空きのゴールを死守するスーパークリアを披露。だが、その後は運動量が落ちて振り切られるシーンが目立ち、77分には自身のボール逸から失点した。
 
MF
40 茨田陽生 5(HT OUT)
ボールを受ける位置が低く、スイッチャ―としての役割をほとんど果たせず。さしたる見せ場もないまま、前半で交代となった。
 
47 岩上祐三 5
身体を張ってフィルター役をこなそうと奮闘したが、周囲との連動したプレスがまるでかからず、次から次へと中央へ入ってくる敵に対処できなかった。
 
7 江坂 任 4.5
前半は対峙した藤春のオーバーラップに引きずられ、守備に追われる場面が目立った。後半はボールを引き出そうと果敢に打って出たが……。
 
27 黒川淳史 4(HT OUT)
アジリティの高さを随所で見せたが空回りが続き、左サイドで沈黙した。期待されたカウンターの口火とはなれず、前半のみでお役御免となった。
 
FW
10 大前元紀 5(81分OUT)
ほとんどボールに触れなかった。セカンドトップだった前半も、CFに入った後半も効果的な動きは見せられず、シュート1本に終わる。
 
14 清水慎太郎 5
前半は完全に三浦に自由を奪われた。CF、左サイド、トップ下とポジションを移したがチャンスを創出できず。後半アディショナルタイムにエリア内で放ったショットは決めたかった。
 
交代出場
MF
15 大山啓輔 5(HT IN)
後半頭から左サイドに配備されたが、プレー機会はほとんど訪れず、指揮官の期待に応えられなかった。ポジショニングがワイドに開きすぎていた感も。
 
MF
17 横谷 繁 4.5(HT IN)
与えられたタスクは守→攻の切り替え。大山とともに後半のスタートから投入されたが、守備に忙殺されるばかりで、効果的なクサビを打ち込めなかった。
 
MF
28 長谷川アーリアジャスール ―(81分IN)
終盤、エースの大前に代わって前線起用され、積極果敢な姿勢を見せた。だがG大阪守備陣の集中力は高く、シュートは撃たせてもらえず。
 
監督
渋谷洋樹 4.5
完敗を認めざるをえないスコアと内容に、試合後の会見では「私がなにかを語っていいのかわからない」と話した。ハーフタイムに攻撃のカードを2枚切る積極采配を見せるも奏功しなかった。次節の埼玉ダービーを浮上のきっかけとできるか。
 
取材・文:川原 崇(サッカーダイジェストWEB編集部)

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。