そう聞いたから…モテテクを駆使しすぎて残念な女性の特徴4選 (Photo by Africa Studio/Fotolia)

写真拡大

恋愛コラム/モデルプレス】巷では「モテテク」や「恋愛攻略本」が大ブーム。「お世話になっている!」という女性も少なくないのでは?しかし「あれだけ読んだのに彼氏できない…」なんて展開になって落ち込んでいる人も多く居るでしょう。そこで今回はモテテクを駆使しすぎて残念な女性の特徴を4つご紹介します。

【他の記事を見る】「実はモテてる?」あなたの恋愛偏差値を見抜く10の質問

♥頭でっかちになっている


合コンや飲み会が決まるととにかく「モテ」で検索したり、「モテるためのテクニック」なんて本を手にしている。

そんな女性の努力は素晴らしいもの。

ただ、テクニックにばかり翻弄されて、「今日もその場を全然楽しめなかった…」なんて展開になっていませんか?

グラスを持つ角度や店員さんの呼び方、食事の取り分け方などが事細かに記されているため、読むことで非常に参考にはなるものの、

「あっこのシチュエーションではこうしなきゃ!」と無意識に考えてしまっては台無しです。

まずはその場の雰囲気に合わせることから始めてみましょう。

♥いちいち計算高い


恋愛攻略本の中には、「えっこれって本当にモテるの?」といったテクニックが潜んでいることも事実。

「試してみては失敗に終わってしまう…」といった方々は、もしかしたら男性から「計算高い」「違和感」と思われてしまっている可能性があります。

モテテクと言われている仕草や発言にも、もちろん向き不向きがあります。

「私こんなキャラじゃないな」と直感で感じるものは、まずはいったん保留にして「こんなテクニックもあるんだな」位にとどめておき、「これなら手軽にできる!」と思うものから始めてみましょう。

♥一緒にいて疲れる


勉強熱心なあなたは、沈黙を恐れるあまり早口で話してしまったり、テクニックを駆使しようと考えすぎて上の空になってしまっていませんか?

まずは男性が楽しんでいるか伺うことから始めましょう。

美味しそうなものが運ばれてきたら「わー美味しそうだね!」と笑顔で言ったり、面白い話で爆笑することも大切です。

その日が楽しければおのずと次回につながっていくもの。一日を全力で楽しむためにどうすれば良いかを考えるところから始めましょう。

♥年齢とテクニックが見合っていない


「このテクニック、自分には若すぎるな…」と感じることはできても、相手の男性の年齢や性格まで考えている人は少ないかと思います。

その結果いつも失敗に終わっている…という人も。

自分には年相応のテクニックでも、相手が年上だったり、落ち着いた人であると「これでキュンとしたのは昔の話だな…」と思われてしまったり、「この子、若いな…大丈夫かな…」と思われてしまう原因に。

この場合、キュンとさせるモテテクよりも、「さりげなさ」や「男性のまえでやってはいけないこと」を意識するよう心掛けて。

いかがでしたか?

実際モテテクを駆使してもいままで効果がなかった!といった人はこのようなことが原因かもしれません。

いい女になるための努力は欠かせないもの。

今後は学んだモテテクのほかに、今回の4つのことを頭に入れておけばチャンスがグッと増えるかもしれませんよ。(modelpress編集部)