写真提供:マイナビニュース

写真拡大

○ISOファイルでWindows 10を新規インストールする

前回はWindows 10の「回復」機能を使い、Windows 10 Creators Updateを新たにインストールする方法を紹介した。今回はもう1つのリフレッシュ方法、USBメモリを用いた新規インストールだ。MicrosoftのWebサイトからダウンロードできる、「メディア作成ツール」を利用する。

メディア作成ツールは、Windows 10を新規インストールするためのUSBメモリやISOファイルを作成するものだ。また、メディア作成ツールを実行したPCのアップグレードも可能となっている。

作成するメディアは、環境によってはアーキテクチャが「64ビット」以外になる可能性がある。多くの読者諸氏はWindows 10の64ビット版を選択すると思われるため、「このPCにおすすめのオプションを使う」のチェックを外し、「アーキテクチャ」で「64ビット」を選択し直そう。

64ビット版Windows 10のインストール用メディアを作成するには、4GB以上の容量を持つUSBメモリが必要だ。PCに接続したUSBメモリに割り当てられたドライブ文字をエクスプローラーで確認し、正しい作成先であるか確認してから手順を進めてほしい。なお、USBメモリの内容はすべて消去される。

USBメモリへ書き込むため、ISOイメージファイルを作成するよりも時間を要するが、10〜20分程度でメディア作成は完了するはずだ(USBメモリの書き込み速度に左右される)。後はPCを1度シャットダウンし、USBメモリから起動することで、Windows 10の新規セットアップが可能になる。USBメモリから起動する方法は、PCのマニュアルや、自作PCならマザーボードのマニュアルを参照してほしい。

新規インストールの手順は「Windows 10大百科」を参考にしてほしいが、大きく異なるのがプロダクトキーの入力だ。Windows 10はMicrosoftアカウントに紐付くデジタルライセンスで認証を行うため、同一のPCであればプロダクトキーを入力する必要はない。筆者は、ローカルアカウントでインストールし、その後にMicrosoftアカウントへの切り替え変更を推奨する。切り替え操作が完了するまでWindows 10の認証が終わらないが、心配は不要だ。その後インターネット経由で認証が行われるので安心してほしい。

阿久津良和(Cactus)

(阿久津良和)