「ソフトバンク4-3楽天」(21日、ヤフオクドーム)

 ソフトバンクが4連勝。延長十二回1死満塁からデスパイネが文句なしのサヨナラ中犠飛を放った。

 デスパイネは、「なんとかつなげよう、犠牲フライで十分だと思った。これからもっともっと打って貢献したい」などと喜びを表した。

 ソフトバンクは0-3の六回2死から四球と今宮の内野安打などで満塁とし、内川の左前2点適時打で1点差。さらに2死満塁から松田の左前適時打で同点に追いついた。

 先発・中田は5回1/3、4安打3失点。継投陣が追加点を許さなかった。延長十二回を抑えた五十嵐は、「こういう試合を取ったのは大きい。中継ぎ陣も自信になっていく」などと語った。

 楽天は2連敗。初回、銀次の中前適時打で1点を先制。二回は岡島が1号ソロを右中間へ、三回は茂木が右越えに5号ソロを放った。先発・釜田は5回2/3、2安打2失点。