ヤクルトに敗れ3連敗となり引き揚げる広島・緒方孝市監督(中)=神宮球場(撮影・三好信也)

写真拡大

 「ヤクルト3-1広島」(21日、神宮球場)

 首位の広島が、今季初の3連敗を喫した。

 先発したドラフト1位・加藤(慶大)は二回、先制点を奪われると、四回は2死から2者連続四球をきっかけに追加点を奪われた。五回にも伏兵・荒木に1号ソロを被弾。6回5安打5四球3失点だった。

 打線は、相手の6安打を上回る7安打を放ちながら、鈴木の2号ソロで奪った1点のみ。石川の制球力の前に封じられた。緒方監督は「低めを丁寧につかれた。あと1本が出なかった。先に点をとりたいと思って、早い回から仕掛けたんだけど」と振り返った。石井打撃コーチは「内容は、悪い感じはない。長いシーズン、こういうことはある。選手も僕たちも根気強くやっていく」と、切り替えていた。