宇野昌磨【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

世界国別対抗戦男子フリーは羽生&宇野でワンツー、最終日で3大会ぶりVへ

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦(代々木第一体育館)2日目は21日、男子シングルのフリーが行われ、ショートプログラム(SP)7位と不発に終わった羽生結弦(ANA)が200.49で1位。世界王者の底力を発揮した。SP1位の宇野昌磨(中京大)は198.49点で2位で上位を独占した。3大会ぶりの優勝を目指す日本は合計81点で初日に続いて首位を守り、最終日を迎える。

 最終滑走で登場した宇野は、2本目の4回転フリップで着地でバランスを崩すなど、ジャンプでミスが出た。それでも、キレのあるステップやスピンを見せ、演技をまとめた。

 初日はほぼノーミスの演技で自己ベストに迫る高得点をマークし、チームの初日首位発進に貢献。2日目はペアSPとアイスダンスのフリーで3位に順位を落とし、エース・羽生も200点超を出しながら不完全燃焼に終わったのか、悔し気な表情を見せた。プレッシャーのかかる状況で大トリを務めた宇野は滑り終えると、重圧から解放されたのか、少し安どしたような顔になった。

 宇野自身はこれが今季最後の公式戦。世界選手権で2位に入るなど、充実のシーズンとなり、世界王者・羽生とともに日本男子を牽引する立場として、平昌五輪を控えた来季を迎える。

 この日はペアSPの須藤澄玲、フランシス・ブードロオデ組は54.84点で6位、アイスダンスフリーの村元哉中、クリス・リード組は92.68点で6位となって一時3位に転落したが、羽生&宇野の“最強コンビ”の底力で首位に再浮上。最終日の22日はペアと女子シングルのフリーが行われる。