卓球アジア選手権の女子シングルスで優勝した17歳、平野美宇(世界ランク11位)がきのう20日(2017年4月)に行われた韓国オープンに出場し、1回戦のシンガポールのリン・イエ(世界ランク78位)を4−0で破った。「アジア大会のようにうまくはいかない。簡単じゃないと思うけど新しい気持ちで臨みました。勝ててよかった」と語っていた。

「出場しているんだからまた優勝したい」

コメンテーターで元プロテニスプレーヤーの沢松奈生子は「勝った後の試合というのは、簡単に負けてしまうことがあるんですよ。勝って兜の緒を締め直しているところがすごい」

司会の夏目三久は「勝てて安心したと思いますが、勝たなきゃいけないというプレッシャーがある中、勝ち続けるのはすごいですよね」

平野は「優勝する気持ちで出場しているので優勝したい」とトップを狙っている。