「ルノー カングー ジャンボリー2017」を5月14日山中湖交流プラザ「きらら」で開催

写真拡大


ルノー・ジャポンは、ルノー カングーを始めとするルノー車、そして車のある生活を楽しんでいる方々が集まる今年で 9 回目の開催となるイベント「ルノー カングー ジャンボリー2017」 を、5月14日に、山梨県山中湖村 山中湖交流プラザ「きらら」で開催する。

「ルノー カングージャンボリー」は、ルノー カングーのオーナーを中心としたオール ルノーのファンミー ティングとして始まったイベントで、「クルマのある生活を楽しむ」をテーマに毎年開催されるこのイベントには、全国各地からルノー カングーを始めとするルノー車オーナーが参加する一方、ルノー車以外の参加も増え、フレンチスタイルの休日を楽しむイベントとして定着している。昨年は、全国各地から 1,100 台以上のルノー カングーを含む 1,800 台を超える車と 4,000 名以上の来場者、500 頭を超えるペットたちが、思い思いに休日を満喫した。

 今年は、カングー ジャンボリーオリジナルチョロ Q の販売、イオンペットとのコラボで実現したカングードクターカーの展示、フランスから「家族」、「外遊び」をテーマとしたライフスタイルブランドが、今年のカングー ジャ ンボリー会場で日本初上陸を果たす。人気のマルシェ、フリーマーケット、ドッグランなど、一日中楽しめる恒例のコンテンツも用意している。

■ルノー・ジャポン 公式サイト