@AUTOCAR

写真拡大

X1より断然デカイ

BMW X1とX3の中間のマーケットを狙って開発が進むBMW X2。来年前半に登場予定のこのモデルについて、最新スパイショットが届いた。

ミニ・カントリーマンとプラットフォームを共用するX2は、昨年9月のパリ・モーターショーで目にしたコンセプトと、大きく姿を変えていない。

クーペ的なプロポーション

今回のスパイピクチャーでは、実用的なX1よりも、ずっと全長が長く、ワイドなX2の大きさを確認できる。

テールゲートの角度などを見ていると、X2にはクーペのようなシルエットが与えられるようだ。

X2コンセプトから多くの要素が引き継がれるものの、生産化モデルではウインドウ・ラインを低めてグラスルームを拡大。フロント・ライトも大型化される。

ディーゼル3種、ガソリン1種で発表へ

2.0ℓディーゼル・エンジンのラインナップは、最高出力150ps、190ps、230psの3本立てで、xDrive18d、xDrive 20d、xDrive 25dがローンチ・ラインナップとなる見込みだ。トランスミッションは、6速マニュアルと、オートマティックが用意される。

ガソリン仕様は、192psの2.0ℓターボ・ユニットを積むxDrive 20iが発表と同時にまず登場する。

300ps超えの2.0ℓターボ・モデルがその後に続き、Mモデルについては、2シリーズと同様にM40iとなる可能性が高い。X2 Mの登場は当分ないだろう。