写真提供:マイナビニュース

写真拡大

シスコシステムズ合同会社は21日、国内の情報セキュリティ人材育成に向けて、インターンシップや採用機会の提供など参画企業と連携しながら推し進める「サイバーセキュリティ スカラシップ プログラム」を創設したことを発表した。

多様なスキルが求められるセキュリティ人材の不足は、日本を含む世界的な課題となっている。同社が纏めた年次レポート「年次サイバーセキュリティレポート 2017年版(PDF)」の中にはセキュリティプロフェッショナルに関する調査結果もあるが、CSO(セキュリティ最高責任者)やSecOps(セキュリティ運用)マネージャたちは、予算の制約とともに熟練スタッフの不足がセキュリティの大きな障害として認識している。運用面でもその日のうちに調査されないセキュリティアラートは44%、調査されたアラートのうちで未修復のアラートが54%におよぶ。データからも運用技術者が足りないことが露呈している。

「サイバーセキュリティ スカラシップ プログラム」は、ネットワークやセキュリティ技術、グローバルで実績を重ねる同社の学習プログラムをベースに、ITベーシックから情報セキュリティまでを体系的に学習するプログラムで、セルフラーニングによる「入門コース」、インストラクターによる研修やハンズオントレーニングからなる「基礎コース」、そして即戦力を目指す実践的なセキュリティ対策/解析手法を習得する「応用コース」で構成される。

成績優秀者には、シスコの海外でのインターンシップ機会の提供や積極採用も予定されており、賛同企業による「サイバーセキュリティ 人材育成コンソーシアム」も創設している。運営母体となるコンソーシアムを通じて、スカラシッププログラムの運用、インターンシップ機会の提供が行われる。

コンソーシアムの参加組織、主な役割は以下のとおり。

サイバーセキュリティ 人材育成コンソーシアムボードメンバー 学術系

サイバーセキュリティ 人材育成コンソーシアムボードメンバー 企業

(長岡弥太郎)