自分のプレーに徹したキム・ハヌル、初めての川奈で好スタート(撮影:福田文平)

写真拡大

<フジサンケイレディスクラシック 初日◇21日◇川奈ホテルゴルフコース 富士コース(6,367ヤード・パー72)>
静岡県にある川奈ホテルゴルフコース富士コースを舞台に開幕した「フジサンケイレディス」の初日。キム・ハヌル(韓国)が“66”でプレーし、6アンダー2位タイにつけた。
貴重!キム・ハヌルがさらに美しくメイクアップ!
来日初年度となる一昨年はスケジュールの関係からエントリーせず、昨年は前週に起きた熊本地震の影響もあり、体調不良で欠場したハヌルにとって今大会が初出場。高麗芝に海風と、ツアーの中でも難コースと言われる川奈での“初日”にノーボギーで回れた理由とは。
まず課題となる高麗芝。「芝目が難しい。キャディさんに教えてもらい良いプレーができた」。同じく高麗芝の宮崎カントリークラブで行われる「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」でもタッグを組んだ小谷健太氏としっかりと芝芽を読み切る。
そして、もう1つ。「あまり高麗を意識しすぎると自分のプレーができなくなるので、自分のストロークに集中するように心がけました」。考えすぎないことも重要だと語る。
海風は「練習ラウンドの時から風邪がすごく強くて。難しいコースだなと。でも景色が綺麗なので、今週は楽しくプレーすることを意識しました」。高麗芝同様、しっかりと準備したうえで意識を持ちすぎないことがカギだったようだ。
「明日は天気が心配ですが、今日と同じように落ち着いてプレーしたいですね。グリーン上には気を付けたい」。現在、首位を走る堀琴音とは1打差。このまま好位置で最終日を迎えたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【キム・ハヌルコラム第57回】
【どこよりも早いスイング解説】新たな韓流美女はキム・ハヌルの来日当初に似てる!?