写真提供:マイナビニュース

写真拡大

英国のアストンマーティンは、上海モーターショーにて高性能ブランドAMRのモデルを発表した。AMRはレースの血統を反映した高性能モデルのブランド。あわせて「ヴァンテージ S」のスペシャル・エディション「V8 ヴァンテージ S グレートブリテン・エディション」も公開されている。

AMRはアストンマーティンのレースの血統を反映し、モータースポーツからテクノロジーとインスピレーションを受けた高性能モデルのブランド。動力性能を強化し、よりシャープなハンドリングとパワフルなデザインを与えられている。

公開された「ラピード AMR」はAMRの第1弾となるモデルで、4ドア・スポーツカー「ラピード」の動力性能、シャシー、スタイリングに改良を加え、インテリアにも特別な仕様を施している。もう1台の「ヴァンテージ AMR Pro」は、レースカーのテクノロジーをロードカーに移植するというAMRの「サーキットからターマックへ」の哲学を妥協なく具現したモデルとなっている。

「ラピード AMR」と「ヴァンテージ AMR Pro」は市販化が確定しており、「ラピード AMR」は210台の限定販売。「ヴァンテージ AMR Pro」はさらにレアなリミテッドエディションとして、最大7台の製作が予定されており、その価格は208万8,000人民元とのこと。また、今後はアストンマーティンのすべてのモデルにAMR仕様が登場するという。

(山津正明)