Apink チョン・ウンジ「クライムシーン3」初回収録を終えた感想は?“とても甘く見ていた”

写真拡大

「クライムシーン」の新しいプレーヤーApink チョン・ウンジが覚悟を固めた。

チョン・ウンジは本日(21日)、ソウル上岩(サンアム) JTBCビルで開かれたJTBC「クライムシーン3」の制作発表会で「初回を収録してみて、私はとても甘く見ていたと思った」と話した。

続いて彼女は「先日初回の撮影をしたが、(ヤン) セヒョン兄さんと同じ気分だった。周りが真っ暗だったが、それはまさに私の心だった。どうやって犯人を見つけ、演技しなければならないのか、思ったことを一つも実行に移すことができなくて残念だった」と気持ちを明かした。

また、チョン・ウンジは「今日も撮影なので、心を新たにして一生懸命に演技しようと思っているが、うまくいくか分からない。責任を持って一生懸命やらなければならないと思う」と話した。

今回の「クライムシーン3」を通じて見せたい魅力については「正直、なんで末っ子がいると思うか。末っ子としての明るさをお見せしたい。率直に言うと現場を先導したい気持ちだが、姉さんや兄さんたちに学んでから一度やってみたい」と答えた。

「クライムシーン3」は、韓国で28日(金) 午後9時に放送スタートする。

【PHOTO】Apink チョン・ウンジからキム・ジフンまで、バラエティ番組「クライムシーン3」制作発表会に出席