パク・ミニョン&イ・ドンゴン&ヨン・ウジンら、新ドラマ「7日の王妃」台本読み合わせ現場が公開

写真拡大

2017年夏、お茶の間を切ない愛で染める「7日の王妃」の台本読み合わせ現場が公開された。

KBS 2TVの水木ドラマ「7日の王妃」(脚本:チェ・ジニョン、演出:イ・ジョンソプ) は、たった7日間、朝鮮の歴史上最も短い時間王妃の座に上り、結局廃妃になってしまった悲運の女性である端敬(タンギョン) 王后シン氏をめぐる、中宗(チュンジョン) と燕山君(ヨンサングン) とのラブストーリーを描いたロマンス時代劇だ。これまで注目されなかった端敬王后を描くという点で、放送前から熱い感心と期待を集めている。

こうした中、最近汝矣島(ヨイド) KBSにて「7日の王妃」の台本読み合わせが進められた。現場にはイ・ジョンソプ監督、チェ・ジニョン脚本家をはじめとする制作スタッフとパク・ミニョン、ヨン・ウジン、イ・ドンゴン、2PMのチャンソン、チャン・ヒョンソン、ト・ジウォン、コ・ボギョル、ソン・ウンソ、カン・シニル、パク・ウォンサン、カン・ギヨン、パク・シウン、ペク・スンファンなど出演俳優が参加して席を輝かせた。

この日の席で、制作スタッフと俳優たちは台本読み合わせの前に、お互いの安否を尋ねて挨拶を交わす心温まる姿を見せた。引き続き演出を引き受けたイ・ジョンソプ監督は「参加して下さった方々全員に感謝する。良いドラマが完成されるように、熱心に努力してみよう」とコメントし、俳優および制作スタッフに力を加えた。その後本格的な台本読み合わせが始まった。

まずパク・ミニョンは、後日端敬王后になる女性ジェギョンに扮し、一層深くなった演技力を披露した。時には躍動感溢れるように、時には悲しくジェギョンの感情の動きを描き出した。パク・ミニョンの繊細な表現力、ジェギョンという人物の愛らしい魅力が交わって、台本読み合わせにも関わらず感心されていた。

ヨン・ウジンは、声の震えにも感情を注ぐ熱演を繰り広げた。ヨン・ウジンが引き受けたイ・ヨクは、歴史と愛、二人の嵐の中心に立つ男だ。ヨン・ウジンは秘密を抱いているかのような切ないまなざし、小さい感情も逃さない繊細かつ優れた集中力でイ・ヨクを完成させた。

破格の演技的変身を宣言したイ・ドンゴンは、従来のイメージと180度異なる姿で皆をびっくりさせた。冷たい声、相手を貫く強烈な眼差し、徐々に表れた狂気に至るまで。燕山郡に完璧に没頭したイ・ドンゴンは深い印象を残した。

イ・ドンゴンに続き、初めて時代劇に挑戦するチャンソンも注目された。チャンソンが演じるソノは、イ・ヨク(ヨン・ウジン) の友であり助力者だ。時代劇は初出演だというが、劇に徹底して溶けて込んだチャンソンの姿が、本ドラマで見せてくれる彼の活躍を期待させた。

ここに、ジェギョンのお父さんシン・スグン役を担った演技派俳優チャン・ヒョンソン、慈順大妃(チャスンデビ) 役で12年ぶりに時代劇に復帰したト・ジウォン、重たい存在感のカン・シニル、名演技を誇るパク・ウォンサンまで。堅実な演技経歴を持った名俳優が、劇の重心をしっかりと支えた。チャン・ヒョンソンはセリフの一つ一つに力をのせて、ドラマの深さを加えた。ト・ジウォンは状況によって変わる人物の感情を、立派な強弱の調節で描き出した。カン・シニルとパク・ウォンサンは、線の太い演技で劇の緊張感を互角に引き締めた。

そうかと思えば、注目されている新鋭コ・ボギョルがミョンヘ役を担った。コ・ボギョルは、しっかりした声と密度のある演技で世の中と権力を読む、聡明な女性のキャラクターを表現した。ソン・ウンソは魅惑的な姿、色のある演技で既存のチャン・ノクスというキャラクターとはまた他の魅力を予告した。チョ・グァンジョ役を担ったカン・ギヨンは、図々しさと真剣さを行き来して、ドラマに活力を吹き込んだ。