「一身上の都合」中川俊直氏の離党届を受理

写真拡大

 女性問題をめぐって経済産業大臣政務官を辞任した自民党中川俊直衆議院議員が、自民党に離党届を提出し受理された。

 国会審議への影響も出る中、自民党執行部は中川議員側に早く離党するよう再三、働きかけ、早期の幕引きをはかった。中川議員は21日午後、秘書を通じて自民党に離党届を提出した。理由については「一身上の都合」と説明しているという。自民党はこの離党届を受理した。

 二階幹事長「国民の皆さんのご批判にさらされることは当然でありますから、これに対してしっかり対応をしていかなければならない」

 民進党・山井国対委員長「国会議員としてあるまじきこういう行為は、やはり安倍一強政治が生んだ、一つのいまの政治のゆるみ、たるみ、おごりの結果ではないかと思います」

 中川議員に対しては政務官の辞任や離党について直接、説明すべきだとの声が上がっているが、中川議員は21日の衆議院本会議を欠席したほか、事務所によると記者会見する予定はないという。また、野党側からは議員辞職を求める声もあるが、自民党としては議員辞職によって補欠選挙となるのは避けたい考え。二階幹事長も「直ちに辞職までする必要はない」と話している。