恋人に会えない時間が長ければ長いほど、女性は「彼氏に会えなくても、こんなに充実しているのだから会えなくてもいいや〜」という思考に行き着きやすくなるのだそうです(言われてみれば、たしかにそうかもしれません)。
しかし男性の場合はその逆で、会えない時間が長ければ長いほど、どんどん彼女に会いたくなる……とちまたではいわれたりしますが本当のところはどうなのでしょう? 男性は、どんなときに彼女に会いたくてたまらなくなるのでしょうか?

充実しているときに会いたくなるらしい!

1. 仕事がうまくいっているとき

「仕事がうまくいっているときは、自信をもって彼女に会える!」(営業/30歳/男性)

▽ 仕事がうまくいっているというのは、やはり“男としてのステータス”なのでしょう。仕事でやりがいを感じているときには、仕事を頑張っている彼女にヤキモチをやくこともないので、安心して会いたい旨を伝えられるのかもしれませんね。

2. 趣味を楽しんでいるとき

「趣味のことをやって、毎日充実していると感じたときは無性に彼女に会いたくなる!」(金融/29歳/男性)

▽ 一説では、男性は趣味を、女性は人との関わりをもつことで喜びや生きがいを感じるそうです。余談になりますが、彼女にその趣味を理解してもらえたり、興味をもってもらえるというのも相当嬉しいみたいですよ。

寂しさを感じたときにも会いたくなるらしい!

3. 寝る前の静けさを感じたとき

「ベッドに入って、いざ寝ようとしてもシーンとしているのが気になって、なかなか寝つけないときかある。そういうときは彼女に会いたくてたまらなくなるかな〜」(不動産/30歳/男性)

▽ 寝る前に「おやすみ」と一言LINEのメッセージを送ってみると、もしかしたら彼のココロをギュッとわしづかみにできる……かも!

4. 飲み会後、ひとりぼっちになったとき

「イイ具合に仲間と騒いで、ひとり暮らしの家に帰ってくると、彼女が待っていてくれたらいいのにな〜って心底思う。それで、恋しくなって電話をかけるときもあるくらい」(建築/26歳/男性)

▽ 「今日は飲み会があるんだよね!」なんていうような連絡がきたら(こちらに翌日の予定がない場合は)、夜中に連絡がくるかもしれないとちょっぴり期待をして待ってみるのもイイかもしれません。夜中に電話がかかってきたら、嫌な顔をせずちゃんと出てあげると喜ばれそう!

男性陣のリアルな意見を聞いてみて、どう思いましたか? ラブラブな毎日を長続きさせたいなら、これを参考に“彼氏が会いたがっているだろうな”というタイミングを見計らって、LINEを送ってみるというのもアリかもしれませんね!