写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ドスパラは4月21日、NVIDIA GeForce GTX 1080 Tiを搭載したPalit製グラフィックスカード「GeForce GTX 1080Ti JetStream」モデルと、「GeForce GTX 1080Ti Super JetStream」モデルを発売した。価格は「GeForce GTX 1080Ti JetStream」モデルが税込93,960円、「GeForce GTX 1080Ti Super JetStream」が税込99,900円。

いずれもオリジナル設計のクーラーを搭載。ハニカムブラケットを採用し、GPUの発熱を効率的に排出するほか、2基の100mmファンは、ジェットエンジンにヒントを得たターボファンブレードによって強い風圧とエアフローを発生させ、高い冷却性能を実現するという。

「Super JetStream」は、「JetStream」からさらに動作クロックを引き上げるほか、専用ユーティリティから「OCモード」「ゲーミングモード」「サイレントモード」という3つの動作モードを切り替えられる「TRI-Modes」に対応する。

「GeForce GTX 1080Ti JetStream」モデルの主な仕様は、ベースクロックが1,480MHz、ブーストクロックが1,582MHz、メモリが352bit接続のGDDR5X 11GB、メモリクロックが11,000MHz、PCとの接続インタフェースはPCI Express 3.0 x16、補助電源が8ピン×2、出力インタフェースがHDMI×1、DisplayPort×3、DL-DVI-D×1。本体サイズはW285×D133mm。2.5スロット占有。

「GeForce GTX 1080Ti Super JetStream」モデルの主な仕様は、ベースクロックが1,556MHz、ブーストクロックが1,670MHz、メモリが352bit接続のGDDR5X 11GB、メモリクロックが11,000MHz、PCとの接続インタフェースはPCI Express 3.0 x16、補助電源が8ピン×2、出力インタフェースがHDMI×1、DisplayPort×3、DL-DVI-D×1。本体サイズはW285×D133mm。2.5スロット占有。