国産EVスーパーカー GLM G4、跳ね上げ4ドア「Abeam Sail door」搭載。2019年量産化、4000万円

写真拡大

電気自動車(EV)メーカーGLMの日本初となるEVスーパーカー「GLM G4」の発表会に行ってきました。

G4は既に受注生産を開始している「トミーカイラZZ」のプラットフォームは使用しておらず、専用開発となる高効率・高出力モーターを搭載した四輪駆動のEVスーパーカーです。

最高出力400kw(540馬力)、最大トルク1000Nmを発揮し、発進から100km/hまでの到達時間は3.7秒。最高速度は250km/hで、航続距離は400kmとなってます。EVと聞くと燃費に目が行きがちですが、この様な高出力のスーパーカーも作れるんですね。


車両コンセプトは「RoadYacht(ロードヨット)」(地上を走るヨット)。クーペスタイルですが、実は4枚のドアが高く跳ね上がる「Abeam Sail door(アビームセイルドア)」を採用している4シーターです。

「Abeam」と言うのは『ヨットが風を受けて最もスピードが出せる状態』を指すとのことなのですが、ドアを開いたまま走ることはないですから、このネーミングはちょっとどうでしょう?

2019年に量産化を予定しており、想定価格は4000万円、国内外で1000台の販売を目指すとのこと。

EVスーパーカー「GLM-G4」 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA