FC東京MF平岡、右膝前十字靭帯損傷で全治約8カ月…今季中の復帰は絶望か

写真拡大

 FC東京は21日、MF平岡翼の負傷離脱を発表した。

 平岡は3月29日のトレーニング中に負傷し経過観察中だったが、チームドクターの診察を受けて昨日、埼玉県内の病院で手術を行ったという。右膝前十字靭帯損傷、内側半月板損傷により、全治8カ月と診断されている。

 現在21歳の平岡は、岡山県の作陽高校から2014年にFC東京に加入。いまだトップチームでの出場機会は得られていなかったが、2016年の明治安田生命J3リーグでは28試合に出場し1得点を挙げていた。