写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Okageは4月21日、顧客のスマートフォンからの注文にも対応した、飲食店向け統合型モバイルオーダー&モバイルPOS「Okageレジ」をリリースした。

Okageレジは、これまでスマートレジ(モバイルPOSレジ)、スマートオーダーエントリー(オーダーエントリーシステム)、オーダーブック(セルフオーダーシステム)として提供していた同社の飲食店向けサービスを、Okageレジというブランド名のもとに統合・リニューアルし、新たに顧客のスマートフォンからの注文にも対応するモバイルオーダーを加えた統合型サービス。

iPadやiPod touchなどの汎用的なモバイル端末とクラウドデータベースを活用することで、従来型のオーダーシステムに比べ、簡易で安価なシステム導入を可能にしただけでなく、紙のメニューを簡単にセルフオーダーアプリ化できる機能(特許出願中)など画期的なUI/UXを実現したサービスとなっている。

今回のリニューアルで、新たに「モバイルオーダー&ペイ」として知られる、顧客のスマートフォンからの事前注文や、事前決済への対応も進め、人手不足や訪日外国人向けの多言語対応が課題となっている飲食業界の諸問題を総合的に解決するサービスを目指している。

(山本明日美)