鹿島、2016年度の決算概要を発表…リーグ&天皇杯制覇で純利益6億超え

写真拡大

 鹿島アントラーズは21日、2016年の決算概要を報告し、純利益が6億1000万円となったことをクラブ公式HPにて発表した。

 鹿島アントラーズは2016年の明治安田生命J1リーグ、第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会で2冠を達成。さらに昨年12月に行われたFIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016では決勝へ進出し、レアル・マドリードと善戦。準優勝を果たすなど、好成績を残した。入場者数が増えたことや、グッズ売上が伸びたこと、広告料収入も増えたことで、営業収入は55億8200万円となった。

 なお、2015年の決算では3億4400万円の純損益を記録していたため、1年間で大きな回復を見せたことになる。