【詳細】他の写真はこちら

まずは東京都内の一部(6区域)から。

2017年4月21日より、Amazon.co.jpは生鮮食品の配送サービス『Amazonフレッシュ』をスタートさせました。冒頭の写真にあるようにニューヨークなど米国の都市圏では時折「Amazon Fresh」ロゴが入った緑色の配送バッグを目にすることもありましたが、いよいよ日本にも上陸です。

開始時点での対象エリアは東京都の港区、千代田区、中央区、江東区、墨田区、江戸川区という限定された地域だけ、さらにAmazonプライム会員向けのサービスということで、今のところ恩恵にあずかれるのはごく一部のユーザーのみ。とはいえ新鮮な食材がAmazonで購入できる新サービスは、対象エリアさえ拡大すれば子育て世帯をはじめ多くのユーザーから支持を集めそう。

生鮮品から人気店の味、日用品まで10万点以上の品揃え





『Amazon』フレッシュで買える生鮮品は野菜、果物、鮮魚、精肉、乳製品など1万7000点以上。それに加えて人形町今半、「堂島ロール」のモンシェールといった人気店のグルメから日用品・雑貨まで、合計で10万点以上の品揃えとされています。


Amazonフレッシュでは冷蔵で輸送される「堂島ロール」。1本1260円(ハーフ680円)。

最短で4時間後に商品を受け取り可能





Amazonによると「注文から最短4時間後に商品受け取りが可能」とされてはいるものの、商品によっては翌日の到着だったりと配送時間にはバラツキがある模様です。便利なサービスではありますが、ある程度余裕を持って注文するのが良さそうですね。



ちなみに先の「堂島ロール」を港区のDIGIMONO!編集部で本日正午に注文しようとしたところ、到着予定は当日の20:00以降となりました。それにしても深夜24:00まで2時間刻みで到着時刻を指定できるのはすごいですね。

配送料や月会費は?





すでにAmazonプライム会員であれば、今すぐに30日間の無料体験に登録でき、対象エリア内であればさっそく使い始めることが可能です。ただし、体験期間終了後のAmazonフレッシュ会費は月額税抜500円。また1回あたりの注文額が税込6000円に満たない場合には、注文あたりの配送料が500円発生するとのこと。

ネット通販の拡大と宅配サービスについてなにかと話題の昨今ですが、うまく折り合いをつけつつ利便性が高まっていくといいですね。

撮影・文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト



Amazonフレッシュ

プレスリリース