@AUTOCAR

写真拡大 (全2枚)


フェラーリ社公認オーナーズ・クラブのフェラーリ・オーナーズ・クラブ・ジャパン(FOCJ)は、フェラーリ・オーナーにとって欠かせぬイベントと言えますフェラーリ・ブランチの開催にクラブ協力しました。

開催された4月9日は生憎の天候になってしまいましたが、全国から熱心なフェラーリ・オーナーが集まりました。
各地から新旧様々なタイプのフェラーリが駆けつけ、365GTB/4デイトナや512BBiから308/328系、288GTO、F40などのクラシケから
現行モデルまでの約200台の参加を数えました。
またフェラーリ・ブランチの開催を祝してフェラーリ・ジャパンのリノ・デパオリ社長も駆けつけてくれました。

今回はふたつのニュースがありました。ひとつはFOCJ名誉顧問の松田芳穂さんが結婚50周年を迎えたことで、参加者全員で祝いました。
もうひとつはフェラーリ社70周年を記念して送り出されたラ フェラーリ アペルタのアンベールがガーデンで行われたことです。
最新のプレミアムモデルが披露されると歓声が上がり、終始注目を集めていました。

セレモニー以外はフェラーリ・ブランチの伝統通り特別なプログラムはなく、参加者は跳ね馬談義に興じ、その後談笑しながらブッフェ形式のブランチを楽しみました。

こうしてフェラーリを愛する者たちの楽しい時間は、あっという間に過ぎてしまい、名残惜しい中、いつものように自然解散となりました。

                    ■

フェラーリ・オーナーズ・クラブ・ジャパン(FOCJ)は、「跳ね馬」への想いを分かち合う考え方を基にしたフェラーリ・オーナーの集まりで、
フェラーリ社公認のフェラーリ・オーナーズ・クラブです。
FOCJに入会しフェラーリ・ファミリーとしてフェラーリ・ワールドのさらなる扉を一緒に開けてみませんか?
フェラーリ・オーナー皆様の入会をお待ち申し上げます。

入会のお問い合わせはホームページからお願いします。
FOCJホームページ