仏大統領選の4候補者。(左上から時計回りに)マクロン前経済相、国民戦線(FN)のルペン党首、左翼党のメランション元共同党首、共和党のフィヨン元首相(AFP=時事)

写真拡大

 【パリ時事】パリ中心部シャンゼリゼ通りの銃撃テロに見舞われたフランスで23日、大統領選の第1回投票が実施される。中道系独立候補のマクロン前経済相(39)と極右政党・国民戦線(FN)のルペン党首(48)がややリードし、右派野党・共和党のフィヨン元首相(63)と急進左派・左翼党のメランション元共同党首(65)が僅差で追う展開。テロの影響が見通せない中、4候補が「異例の接戦」(仏メディア)を続けている。

 大統領選には計11候補が出馬。まだ投票先を決めていない有権者は4分の1程度に上るとされ、結果は予断を許さない。第1回投票ではどの候補も過半数の票を得られない見込みで、上位2人の決選投票が5月7日に実施される公算が大きい。

 仏BFMテレビが21日に発表した世論調査によると、マクロン氏が24%の支持を得て首位に立ち、ルペン氏が21.5%、フィヨン氏が20%、メランション氏が19.5%となった。ただ、この調査には20日夜に起きた銃撃テロの影響は反映されていないとみられる。