写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Microsoftは4月19日(以下すべて現地時間)、開発者向けオンラインイベント「Microsoft Data Amp」を開催し、「SQL Server 2017」の発表と「SQL Server 2017 CTP(Community Technology Preview) 2.0」を公開、公式ブログで報告した。これまでSQL Server 2017は「SQL Server v.Next」という名称で語られていたが、今回の発表で正式名が確定したこととなる。

SQL Server 2017 CTP 2.0はWindows/macOS/Linux(Red Hat Enterprise Linux 7.3/Ubuntu Linux 16.04/SUSE Linux Enterprise Server v12 SP2)/Docker/Microsoft Azure版を用意。Docker版はWindowsコンテナーとLinuxコンテナー上で利用可能。

今回のプレビュー版では、Pythonを利用した分析やグラフデータの保存や分析、インテリジェントなデータベースを構成する機能が加わっている。再開可能なオンライン索引の再構築や自動チューニングなども加わった。興味お持ちの方はリリースノートの参照をお薦めする。

なお、「SQL Server Machine Learning Services」を使用し、SQL Server上でRもしくはPythonスクリプト実行して機械学習や予測分析、データサイエンスなどに用いることができる新機能はWindows Server上でのみ使用可能。また、SQL Serverを必要としないRおよびPythonモデルを展開して使用する開発者向けに、スタンドアローンの「Microsoft Machine Learning Server」も用意する。

(阿久津良和)