湘南ベルマーレの曹貴裁監督【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

試合後にピッチ上で行われた「夜空ミーティング」

 湘南ベルマーレが異例の「夜空ミーティング」を開催した。壮絶なゴールの奪い合いの末に、FC岐阜と3‐3で引き分けた15日のJ2第8節を終えたばかりのピッチで、曹貴裁(チョウ・キジェ)監督が6人の選手を呼び止め、約15分間にわたって身ぶり手ぶりで熱弁をふるった。指名された6人のなかに齊藤未月、杉岡大暉、石原広教の18歳トリオが含まれていた点に、J2降格からの再出発を期す新生ベルマーレの未来を見すえた、曹監督のぶれない信念と熱い思いが込められている。(取材・文・藤江直人)

----------

 試合後にミーティングを開催するチームは珍しくない。それでもロッカールームではなくピッチの上で、選手たちを座らせた状況で話し合いの場をもったのは、湘南ベルマーレが初めてではないだろうか。

 ホームのShonan BMWスタジアム平塚にFC岐阜を迎えた15日のJ2第8節。先制しながら後半に入って逆転され、DF岡本拓也の鮮やかなミドルシュートで追いつくもPKで勝ち越され、直後にFWジネイがヘディング弾を決めて引き分けた直後だった。

 公式会見を終えてロッカールームへ戻っていったはずの曹貴裁監督が、歩んでいく先をおもむろにピッチへと変える。視線の先にはクールダウンを終えて、引き揚げようとしていた選手たちがいた。

「選手を途中で変えた後のフォーメーションのこととか、確認しておかなきゃいけないことをその場で伝えたほうがいいかなと。今日で言えばシステムの噛み合わせや戦術的なことが、上手くいった部分とそうでない部分があったけど、最後は個人で判断して失点の場面などは防がなきゃいけなかったので」

 指揮官に呼び止められたのは6人。キャプテンのMF菊地俊介、副キャプテンのGK秋元陽太、菊地と同期のMF石川俊輝と、齊藤未月、杉岡大暉、石原広教の18歳トリオ。チーム全体ではなく、あえてこの顔ぶれにとどめた点に大きな意味が込められていた。

 ちょうどコーナーフラッグが立てられるあたり。コーチ陣が見守るなかで、体育座りしている選手たちに対して最後は中腰の体勢になり、大きな身ぶり手ぶりも交えられた熱弁は15分ほど続いた。

「後半に入ってシステムを何回か変えたんですけど、システムうんぬんではなく、相手のサイド攻撃に少してこずったので、それに対する守備の個人戦術の部分で少し話をしました」

 異例にも映る夜空の下でのミーティングの趣旨を、菊地はこう説明した。前半9分に菊地の2試合連続ゴールで先制しながら、ショートパスを巧みにつなぎ、両サイドから攻めてくるFC岐阜に主導権を握られたままハーフタイムを迎えた。

 ベルマーレとしても、特に相手の最終ラインやボランチでパスをつながれることは想定内だった。チーム全体として構えて、相手が前がかりになって攻めてきたところでボールを奪い、カウンターに転じる。戦い方をより鮮明にするために、後半開始からシステムを3バックから4バックに変えた。

「だけど、みんな前から行きたがってしまって……」

 菊地が苦笑いしたように、骨の髄まで染み込んだ「前へ」の精神がプランをぎくしゃくさせる。迎えた12分。FC岐阜に先駆けて切った最初の交代カードで、曹監督はユース出身のルーキー石原を投入。システムを3バックに戻し、デビュー2戦目の石原は左ワイドに入った。

「仮に負けていたとしても怒るつもりはありませんでした」(曹監督)

 それでもピッチ上の混乱は続き、17分に同点とされる。指揮官は24分に秋野央樹をアンカーとして投入し、石原を左サイドバックに回して再び4バックに変えたが、2分後に右コーナーキックからオウンゴールを献上して逆転を許してしまう。

 前述の岡本によるミドルシュートが決まったのは34分。直後の37分に決められたPKは、敵陣で石原が送った不用意な横パスがずれ、相手にカウンターを仕掛けられて一気にペナルティーエリア内に侵入され、FW古橋亨梧が送ったクロスがDF奈良輪雄太の右腕に当たったハンドで与えたものだ。

 スタジアムに漂いかけた敗戦ムードを、わずか3分後に一掃したのも石原だった。左サイドを全力で駆けあがり、菊地のパスを受けてニアサイドのスペースを狙った、緩やかなクロスを上げる。抜群のタイミングで走り込んできたジネイが頭でコースを変えて、ゴール右隅に流し込んだ。

 4分間が表示されたアディショナルタイムを含めて、今度は逆転への期待を抱かせながら試合は3‐3のドローで終わる。お互いのストロングポイントをぶつけ合った末の点取り合戦に、曹監督は「バタバタしちゃった部分もあったけど、面白い試合だったんじゃないかな」と笑顔で振り返る。

 判断ミスとパスミスを立て続けに犯した石原に、カミナリを落とすことはない。ベルマーレは試合終了から数時間後に、監督会見の全文を公式ホームページに掲載する。石原本人が文面に目を通すことを承知の上で、PKに至った場面にひな壇でこう言及した。

「最終ラインが4枚で彼が高い位置に出ていったとき、準備のできていない選手に横パスを通すのはデンジャラスでしかない。ただ、彼はJリーグでまだ2試合目の選手で、自分のミスを脳裏に残さないといけない年でもある。試合に出場させたのは僕なので、仮に負けていたとしても怒るつもりはありませんでした」

 結果に対する責任は、すべて監督である自分が背負う。だからこそ、ピッチ上におけるプレーの責任は選手たちが取れ。そこには年齢も何も関係ない――。石原個人へ向けた檄は、その実、チーム全体へ向けたメッセージでもあった。

 だからこそ、指揮官をして「バタバタした」と言わしめた後半の混乱を招いた要因を、できる限り早く取り除いておく必要があった。先発させた齊藤がフル出場、杉岡が後半24分までプレーし、石原が投入されてからの12分間は18歳トリオが同時にピッチに立ったからこそ、鉄は熱いうちに打ちたかった。

「あの年齢のときの今野(泰幸)や永木(亮太)よりも上だと思う」(曹監督)

 選手たちの成長を願う思いが、当初は予定すらしていなかったピッチ上でのミーティングに曹監督を駆り立てた。個人戦術を徹底した裏に込められた狙いを、ベルマーレを率いて6年目になる指揮官は「全員がピッチの上ではフラットに話さなきゃいけないので」とこう明かす。

「10代の選手が3人もピッチに立つチームは、いまのJリーグにはあまりない。そういう若手たちに遠慮してもいけないし、逆に高圧的になりすぎてもいけないところで言うと、今日の後半のあのバタバタした時間帯は(菊地)俊介と(秋元)陽太が中心になって、チームを落ち着かせなきゃいけない。

 そうじゃなければ僕が(若手を)使わなきゃいいだけの話になってしまうけど、それは違うと思うので。何歳だろうが能力のある選手はピッチに立たせるべきだし、逆にツボ(坪井慶介)やシマ(島村毅)たちが頑張っているから彼らも頑張れる、それがチームだと思っているので」

 37歳のDF坪井慶介、31歳のDF島村毅、さらには34歳のFW藤田祥史。ポジションこそ違うが、ベテランも中堅も若手も横一線になって日々競争を繰り広げた結果として、ベンチに入る18人が決まる。FC岐阜戦では19歳のMF神谷優太を含めて、10代の選手が4人もベンチ入りした。

 そのなかで石原はプロ2戦目にして、初アシストを決めた。それでも直前に犯した二重のミスと、さらにもうひとつの心残りがあって、試合後にほとんど笑顔を浮かべなかった。

「僕が入ったときに3バックに戻したんですけど、僕が上手く(ピッチの選手たちに)伝えられなかった。チームもなかなか攻撃にいけなかった部分があって」

 何も一人ですべてを背負う必要はない。ネガティブな思いが齊藤や杉岡にも伝播し、若さゆえの思い切りがなくなり、試合に出ることに対して委縮してしまう悪循環に陥る事態だけは避けなければいけない。あえて6人を指名した緊急ミーティングに込められた、本当の意味での狙いがここにある。

 曹監督はそれだけ、10代の選手たちに期待している。3度目のフル出場を果たした齊藤には「アイツのボールを奪う本当に力はすごい」と称賛する。

「J1でも上のほうのレベルにいる。あの年齢のときの今野(泰幸)や永木(亮太)よりも上だと思う」

 昨年5月に飛び級で湘南ベルマーレユースから昇格した齊藤も、165センチ、61キロの体に搭載された無尽蔵のスタミナとインテンシティーの強さに絶対の自信をもつ。ボールを前に運ぶ力も然り。ただ、アタッキングサードでのアイデアが足りないと、課題も自覚している。

若手選手のはつらつとした動きに心を震わせる指揮官

 たとえば前半13分。左サイドバック・福村貴幸に猛然とアプローチをかけ、強引にボールを奪ってカウンターを仕掛けてGKビクトルと1対1になったが、狙いすぎたシュートは枠をとらえられなかった。

「ああいうシーンが最近多いというか。ただ、昨シーズンはなかったことなので、そこはいいことだと思って継続しつつ、もっともっと質を高めていきたい」

 努めて前を向く齊藤に、曹監督は試合後にあえて「下手くそ」と檄を飛ばした。もちろん期待の裏返しであり、鹿島アントラーズに移籍したMF永木亮太に追いつき、追い越せる逸材だと信じて疑わない。

「ゴールに近づけば近づくほど、サッカー選手じゃなくなっていくけどね。あのシュートを外すほうが難しいし、フリーでボールを受けたときほど変なプレーをする。でも、あそこまでボールを奪い切る選手はいまの日本には少ないし、そこは本当に楽しみ。根性もあるし、変に落ち着いてほしくないよね」

 開幕戦から先発として抜擢してきた市立船橋高校出身の左利きの杉岡には、同じくアントラーズに移籍したDF三竿雄斗をさらにスケールアップさせた未来像を描いている。再び4バックに戻すことに伴い、秋野と交代させた意図を「サイドバックの選手ではないから」とこう続ける。

「3バックの左が一番いいと思っている。4バックならば真ん中。五分五分のボールをピタッと止めて、味方にパッと縦パスを入れるプレーは、教えてもなかなかできない。ポジショニングや守備などは改善しなきゃいけない部分があるけど、相手が嫌がるプレーにチャレンジしていく姿勢は奨励していきたい」

 そして石原。左ワイドとしてデビューさせた東京ヴェルディとの前節。がむしゃらに前へ、前へと出ていく姿が、同じポジションを主戦場としながら今シーズン中の復帰がほぼ絶望となる大けがを負った、キャプテンの高山薫のデビュー当時と「何度もダブって見えた」と曹監督は心を震わせている。

ベルマーレの財産。「縦へ紡ぐイズム」に導かれた必然

 FC岐阜戦も然り。痛恨のミスを犯した。それでも下を向くのは一瞬だけ。何がなんでも自分で取り返してやる、という執念に近い思いが伝わってきたその後のプレーを、何よりも評価している。

「自分がボールをもっているときのプレーは雑。でも、前にスペースがあったら鬼のように出ていく。それがアイツのよさだけど、あそこでアシストするのはメンタリティー的に言えば逆にたいしたものだよ」

 ヘッドコーチから監督に昇格した2012シーズン。19歳にして3バックの中央を任せた遠藤航(現浦和レッズ)はいわば例外で、10代の選手を積極的に起用できる状況ではなかったと曹監督は振り返る。しかし、いま現在は違う。ぶれることなく積み重ねられてきた歴史が、ベルマーレを劇的に変えた。

「湘南のサッカーがどのようなものか、彼らはわかっているから。ミツキ(齊藤)やヒロカズ(石原)は小学生のときからウチで育ってきた選手だし、ユウタ(神谷)やダイキ(杉岡)は高校からチームを選ぶところで、そういうところの温度は以前とはまったく違いますよね。

 たとえば『縦にボールを入れろ』と言われたときに『初めて聞きました』というわけではないから。そういうサッカーをやっているから自分たちも、となったわけだし、さらには先輩選手たちを通して、我々が最も大事にしてきた歴史というものが自然と伝わっているというか」

 反町康治監督(現松本山雅FC監督)をはじめとする、歴代の指揮官たちが種をまき、曹監督のもとで芽を出し、ときには踏みつけられながらも現在進行形で力強く伸びている「湘南スタイル」。齊藤や杉岡、石原の台頭は、ベルマーレの財産でもある確固たる「縦へ紡ぐイズム」に導かれた必然でもあった。

「先に2点目を取っていたら今日の試合は終わっていたと思うし、その意味ではまだまだ勉強しなきゃいけないし、まだまだ成長できる余地があるということ。2012年でも2014年でもない、2017年バージョンのチームを作っていかなきゃいけないところで、反省しながら次に向かっていきたい」

 FC岐阜戦で勝利していれば、名古屋グランパスを抑えて単独首位に返り咲いていた。しかし、42試合を戦う長丁場のJ2戦線は、まだ8節を終えたばかり。何よりもJ2降格から捲土重来を期す新生ベルマーレにとって、ドローは小休止ではなく、ホープたちが中心となって輝く未来を生み出す糧になる。

(取材・文:藤江直人)

text by 藤江直人