写真提供:マイナビニュース

写真拡大

キヤノンは20日、「Satera」シリーズの新製品として、ビジネス向けA4モノクロレーザープリンタ「Satera LBP312i」など、プリンタ・複合機合計15機種を発表した。4月27日より順次発売する。価格は79,800円より(税別)。

○Satera LBP312i

「Satera LBP312i」は、高速出力と小型化を実現したA4モノクロレーザープリンタ。プリント速度はA4片面で毎分43枚、A5片面で毎分65枚と高速で、従来機種と比較して体積を約36%削減している。最大給紙容量は2,660枚。スペースが限られる小売業の店頭や医療機関の窓口などで、高速かつ大量の印刷ニーズに応えるとしている。

ファーストプリントタイムは約6.2秒、ウォームアップタイムは高速起動設定時2で3秒以下。スリープモードからのリカバリータイムも約3秒と、必要な時に素早く印刷が行える。さまざまな紙厚やサイズの用紙に対するなど、用紙対応力も強化された。

○Satera LBP654C / 652C / 651C / 612C / 611C

無線LAN対応のA4カラーレーザープリンタ。プリント速度は、A4片面カラー / モノクロともに毎分27枚と高速。「Satera LBP 612C / 611C」においても毎分18枚の印刷速度を達成している。「LBP654C」には、タッチパネル式の5型カラー液晶を搭載。そのほかの機種でも操作部にワイドLCDパネルを装備するなど、使いやすさも向上。

○Satera MF735Cdw / 733Cdw / 731Cdw / 634Cdw / 632Cdw

A4片面での連続複写速度が、カラー/モノクロともに毎分27枚のA4カラーレーザー複合機。「Satera MF 634Cdw / 632Cdw」においても毎分18枚の印刷速度を達成している。両面印刷時に原稿の1枚目の反転と2枚目の表面の印刷を並行で行うことで、連続印刷速度を高速化。無線LANに対応するほか、5.0型タッチパネル液晶の搭載で操作性も向上した。

○LBP443i / 442 / 441 / 441e

「Satera LBP443i」が毎分43枚、「Satera LBP442」が毎分38枚、「Satera LBP441 / 441e」が毎分33枚のA3モノクロレーザープリンタ。片面でも両面でもプリント速度が変わらない「両面生産性100%」を達成する(「LBP441e」を除く)。給紙容量は350枚で、厚紙 / 長尺紙にも対応。オプションの「ペーパーフィーダー・PF-F1」を3段まで装着し、給紙容量を最大2,000枚まで引き上げられる。

「Satera LBP443i」では、アプリケーションプラットホーム「MEAP ADVANCE(LBP版)」を標準で搭載。ICカードを利用した認証印刷システムの構築など、必要な機能をアプリケーションとして本体に追加できる。

各製品の価格と発売時期は以下の通り。

(リアクション)