『逆光の頃』(c)タナカカツキ/講談社・2017東映ビデオ/マイケルギオン (c)原作/タナカカツキ「逆光の頃」(講談社「モーニングKC」所載)

写真拡大

 高杉真宙が主演を務める映画『逆光の頃』の追加キャストとして、清水尋也、佐津川愛美、桃月庵白酒の出演が発表された。

参考:葵わかな、青春映画『逆光の頃』ヒロインに 高杉真宙が恋心を抱く幼馴染役

 本作は、1988年から1989年にかけて『コミックモーニング』と『モーニングOPEN』にて連載された、タナカカツキによる同名コミックを実写化した青春ファンタジー映画。「僕は歪んだ瓦の上で」「銀河系星電気」「金の糸」の3編とオリジナル部分を軸に、京都を舞台にした思春期の少年の不安定さと儚さを描く。

 京都生まれ京都育ちの平凡な高校2年生・赤田孝豊は、同級生たちとの友情やケンカ、幼なじみの女の子への恋などを経験していく。思春期ならではの人生に対する漠然とした不安を抱えながら、1歩前に進みだそうとする……。

 メガホンを取ったのは、『ももいろそらを』『ぼんとリンちゃん』の小林啓一監督。主人公である考豊役を高杉、主人公が恋する幼なじみ・みこと役を葵わかなが演じる。

 清水は考豊の友人で、音楽に没頭するバンドマン・公平役、佐津川は京の街で小料理屋を営むみことの姉・五月役、桃月庵白酒はみことの父役で出演する。(リアルサウンド編集部)