八神純子、待望のフルオーケストラ公演が7月開催 鈴木康博をゲストに迎えオフコースの名作演奏も

写真拡大

 デビュー以来、“日本のAORの女王”としてファンを魅了し続けてきた八神純子が、2017年7月にフルオーケストラ公演を開催する。

 ビルボードクラシックスと八神純子のステージは東京では約2年ぶり。「みずいろの雨」「Mr.ブルー」「ポーラー・スター」「パープル タウン」等の名曲や、最新作「翼があるなら」「There you are」「出発点」他を新オーケストラ作品として演奏。八神純子の華麗な歌声のなかに彼女の多彩な音楽の世界が披露される。

 また、今回はスペシャルゲストとして盟友・鈴木康博(元オフコース)の出演が決定。“JUNKO&YASS”が贈る「生きるから」とともに、オフコースの不朽の名作「一億の夜を越えて」がフルオーケストラバージョンとして初演奏される。

 指揮は欧州音楽界で活躍中の柳澤寿男。名門、東京フィルハーモニー交響楽団の旋律が、日本の音楽シーンに輝く名作群を彩り、真夏に輝く音楽の祭典が誕生する。

 また、会場限定で、八神純子のオーケストラ公演CD『プレミアム・シンフォニック・コンサート』が発売。こちらはCD購入者全員に、八神純子によるサイン会も実施予定となる。


◎公演情報
【billboard classics 八神純子Premium Symphonic Concert 2017 】
2017年7月8日(土)東京・Bunkamuraオーチャードホール
開演:16:00

出演:八神純子
スペシャルゲスト:鈴木康博
指揮:?澤寿男、管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
料金 8,400円 (税込・全席指定)※特製プログラム付

URL:http://billboard-cc.com/classics/
お問合せ:キョードー東京 0570-550-799

◎CD情報
八神純子公演限定CD『プレミアム・シンフォニック・コンサート』
CD2枚組 4,000円(tax in.)
※2015年10月2日 兵庫県立芸術文化センターにて収録
(指揮:?澤寿男 、管弦楽:兵庫芸術文化センター管弦楽団)