写真提供:マイナビニュース

写真拡大

オウケイウェイヴは、米国子会社OKWAVE INC.を通じて同社独自のAIテクノロジーを搭載したiPhone向けQ&Aアプリ「OKWAVE Food Answers(オウケイウェイヴ・フード・アンサー)」をローンチした。

日本最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」やFAQヘルプデスクソリューション「OKBIZ. for FAQ」「OKBIZ. for Helpdesk Support」などQ&Aポータルやソリューションを展開、互いの助け合い場の創造を世界へ広げていくことを追究する同社。OKWAVEには4627万件の"総ありがとう"を達成している。これまでに課題を解決してきた歴史でもある。

昨年11月には自社開発のAIエージェント「あい」を提供している。膨大な課題解決から生まれるデータは機械学習により解決を進化させていく。Q&Aデータを"質問"と"回答"で分離する技術は日米で特許を取得しており、今回提供のアプリ「OKWAVE Food Answers」にも搭載、子会社を通じて英語圏へと展開するに至っている。家族や自身の健康に日々の食事は重要な役割を持つ。いくつかの質問に答えるだけで、レシピなど食べ物に関する悩みに対して、ひとりひとりに最適な回答候補を毎日提示してくれる英語AIアプリだ。

同社代表取締役社長 兼元謙任氏は「日米で取得したAIテクノロジーを活用したQ&Aアプリの第1弾となります。デジタルグリーティングカード事業を1,400万会員のサービスに成長させた知見を活かして、生活者の日常の悩みを解決するサービスを提供していくとともに、日本でも準備を進めているのと同様に企業向けのAIサービスの提供も検討していきます。」と同社AIサービスを多角的に広げていくことをコメントしている。

(長岡弥太郎)