コマドリになって息子が会いに来てくれた!?(出典:https://www.facebook.com/marie.robinson.1694)

写真拡大

2014年に4歳の息子を亡くしたイギリスの女性が、3年目の息子の命日に訪れたお墓のそばで1羽のコマドリ(ヨーロッパコマドリ・Robin)に遭遇した。コマドリは恐れる様子もなく女性をじっと見つめるとその足にとまった。その日の不思議な出来事は女性のFacebookに投稿され、『mirror.co.uk』など複数のメディアが伝えている。

ハンプシャー州ウォーターロービルに住むマリー・ロビンソンさん(45)は2014年1月、4歳の息子ジャック君が脳腫瘍であるとの宣告を受け、しかも医師からは「手の施しようがない」と告げられてしまった。それからわずか10週間後、ジャック君は息を引き取った。4月1日のことだった。

マリーさんはジャック君との思い出をこう語っている。

「ジャックはとてもひょうきんな子供でした。病院にいてもひとなつっこい笑顔で周りを明るくしていました。」

「ジャックのお葬式は大好きだった『スター・ウォーズ』をテーマにして、彼らしくユニークな形で執り行いました。他の子が何十年もかかってやることを、あの子はたった4年半で駆け抜けていった気がします。」

「亡くなってからはあっという間に時間が過ぎました。でも命日になる前の1週間はとてもつらくて…。あの子のことを考えると胸がざわついて仕方がありませんでした。」

「そして4月1日の早朝。午前中だけ仕事をしてからジャックの墓参りに行こうと思っていた私は、乗り込んだ車の中でジャックに大声で語り掛けたのです。『ジャック。今日はあなたに会えるかしら。あなたが私のそばにいるってことを見せてくれないかしら』ってね。」

「仕事を終えて彼が眠る墓地につくと、やはり色々な感情がこみあげてきて…。それで自分を落ち着けようとジャックのお墓の前で腰を下ろしたのです。」

「すると小さなコマドリが私のそばにやってきて、投げ出していた足の上にとまったのです。私を恐れている様子もありませんでした。」

「しばらくするとコマドリは墓石の上に移動したので、私は携帯電話でその様子を録画しました。その後コマドリは私が差し出した手の上にのると、私をじっと見つめてきました。そして肩の上に移動すると私をその小さなくちばしでつついたのです。」

「あなたは私の愛するジャックね!」マリーさんは溢れる涙を抑えきれなかったという。

マリーさんはこの様子をFacebookに投稿し「信じられないことが起きたわ。ジャックが私に会いに来てくれたのよ」と綴っている。

「亡くなった人が姿を変えてこの世に現れた」という話はたびたび耳にする。シンガポールでは「死んでしまった恋人の生まれ変わり」としてコブラと結婚してしまった男性がいる。またアメリカでは幼児が自分の前世のことを詳細に語り始め、「1993年の大火災で命を落とした女性の生まれ変わりではないか」と話題になった。

出典:https://www.facebook.com/marie.robinson.1694
(TechinsightJapan編集部 A.C.)