20日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、梅沢富美男が、不倫がバレた際に窮地を救ってくれた小さな“恩人”を明かした。

番組では、朝日新聞の記事「ぬいぐるみ旅撮影 活動に共感」を取り上げた。この活動は、遠出が難しい人のぬいぐるみを預かり、国内外の旅行に連れて行くというもの。ここで番組アシスタントの阿部哲子が、梅沢のぬいぐるみ好きに触れると、梅沢は犬のぬいぐるみ「アレックスくん」とのエピソードを明かし始める。

梅沢は過去に、浮気が妻にバレて家に帰れなくなったことがあったとか。そこで梅沢は、録音機能があるアレックスくんを利用したというのだ。梅沢は、アレックスくんに「奥さんゴメンなちゃい」と録音し、代わりに謝らせたという。すると、カンカンに怒っていた梅沢の妻が吹き出してしまったというのだ。そして梅沢は「それでセーフだった」「危機を救ってくれた“恩人”」と、自慢げに振り返っていた。

スタジオの共演者たちは、梅沢の茶目っ気に笑い声を上げたが、阿部が「アウトだよ!」とツッコむと、より一層の笑いが起きたのだった。

【関連記事】
梅沢富美男が9歳女児殺害事件の容疑者に激怒「死刑にしちまえ」
梅沢富美男 フジテレビドラマを「出禁」になった過去
梅沢富美男が自身の女性関係に豪語「捕まらないのは、別れ際がキレイだから