SRS-XB40

写真拡大

 ソニーは、スマートフォンの音楽を迫力の重低音で楽しめるワイヤレスポータブルスピーカー「EXTRA BASS」シリーズとして、IPX5相当の防水性能を備えた「SRS-XB40」「SRS-XB30」「SRS-XB20」「SRS-XB10」の4機種を5月13日に発売する。価格はいずれもオープン。

 「SRS-XB40」「SRS-XB30」「SRS-XB20」は、いずれも低音を強調するパッシブラジエーター2基を本体の前後に備えており、スピーカーの正面以外の位置でも中高音域の広がりはそのままに、迫力ある重低音を楽しめる。さらに、DSP(デジタルシグナルプロセッサ)に新開発の低域増強機能を追加し、音量ごとに低域、高域のブースト帯域や量を変えることによって、屋内や夜間での使用といった中・小音量時でも、明瞭で心地よいボーカルと重低音を再現する。

 本体はIPX5相当の防水仕様。パンチンググリルの周りが光るラインライトなど、シーンや空間に合わせて光るライティング機能、最大10台までのスピーカー同士をBluetoothで同時接続し、同じ音源を流せる「ワイヤレスパーティーチェーン」機能なども搭載する。

 「SRS-XB40」は、直径61mmのフルレンジスピーカーユニット、パンチンググリルのラインライトに加えてスピーカー脇のストロボフラッシュ、スピーカーライトを搭載し、専用アプリ「Fiestable」を使用した音楽再生中の効果音の挿入や、ライティング機能の色やパターン調整に対応する。バッテリ駆動時間は約24時間。サイズは幅279×高さ100×奥行き105mmで、重さは約1500g。カラーはブラック。税別の実勢価格は2万4000円前後の見込み。

 「SRS-XB30」は、直径48mmのフルレンジスピーカーユニット、パンチンググリルのラインライトとスピーカー脇のストロボフラッシュを搭載する。バッテリ駆動時間は約24時間。サイズは幅228×高さ82×奥行き86mmで、重さは約980g。カラーは、ブラック、ブルー、グリーン、オレンジレッドの4色。税別の実勢価格は1万9000円前後の見込み。

 「SRS-XB20」は、直径42mmのフルレンジスピーカーユニットを搭載し、バッテリ駆動時間は約12時間。サイズは幅198×高さ68×奥行き69mmで、重さは約590g。カラーは、ブラック、ブルー、グリーン、グレイッシュホワイト、オレンジレッドの5色。税別の実勢価格は1万3000円前後の見込み。

 「SRS-XB10」は、手のひらサイズながら、直径46mmのフルレンジスピーカーユニットを採用し、「Speaker Add」によってもう1台の「SRS-XB10」と接続すれば、ステレオスピーカーとしても使える。

 付属のストラップを使用すれば、縦置きだけではなく、横置きも可能。バッテリ駆動時間は約16時間。サイズは直径75×高さ91mmで、重さは約260g。カラーは、ブラック、ブルー、グリーン、オレンジレッド、グレイッシュホワイト、イエローの6色。税別の実勢価格は9000円前後の見込み。